人は土をどうとらえてきたか―土壌学の歴史とペドロジスト群像

個数:
  • ポイントキャンペーン

人は土をどうとらえてきたか―土壌学の歴史とペドロジスト群像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 10時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 415p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784540101489
  • NDC分類 613.5
  • Cコード C3061

目次

序論 土壌学またはペドロジーの歴史概要
第1章 先史時代からルネッサンスまで―用語と慣例(1600年まで)
第2章 植物生育と土壌に関する諸問題の発生(1600‐1750)
第3章 近代農学の黎明期―土壌学は揺籃期にあったが生理学者たちは炭素サイクルを明らかにする(1750‐1840)
第4章 1840年代における肥料問題の解決―窒素の問題を除く(1840‐1880)
第5章 土壌学は生成論的になり専門化したテーマが分化する(1880‐1910)
第6章 専門家とまとめ役の時代(1905‐1945)
第7章 近い過去もはや歴史ではない(1945‐1985)
結論

著者紹介

永塚鎭男[ナガツカシズオ]
1935年東京に生まれる。1959年東京大学農学部農芸化学科卒業。1959年農林省東北農業試験場栽培第二部勤務(農林技官)。1961年農林省農業技術研究所勤務。1968~69年第3回国際土壌学研究科研修課程(オランダ、ワーゲニンゲン)修了。1974年農学博士(東京大学)。1974年東京教育大学農学部助教授。1976年筑波大学助教授(応用生物化学系)。1979年「西南日本の黄褐色森林土および赤色土の生成と分類に関する研究」により日本土壌肥料学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)