西洋医学がやってきた―近世

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 47p/高さ 25X27cm
  • 商品コード 9784540072178
  • NDC分類 K490
  • Cコード C8747

内容説明

むかしはどんな家に住み、なにを食べていたの?どんな病気が多かった?むかしのお医者さんや看護師さんはどんな人?人びとは戦争や伝染病に苦しみながらも、力をあわせていのちを守り育ててきました。生産・労働/衣食住と衛生環境/疾病・医療・看護・医学/母子保健・福祉などの視点で日本史をたどる歴史絵本。

目次

金創医がさかんになる
夜が明るくなった
七五三の宮まいり
長屋の食事と大店の食事
赤づくしは病をはらう
小石川養生所ができる
薬屋の店先で
博覧会のはしり
腑分けと『解体新書』
定斎屋が村をまわる〔ほか〕

著者等紹介

加藤文三[カトウブンゾウ]
1930年、東京に生まれる。東京都立大学卒業。江東区立第2砂町中学校などで33年間社会科を教える。その後、埼玉大学などで講師として社会科教育法を担当

平尾真智子[ヒラオマチコ]
1953年、北海道に生まれる。国立札幌病院付属高等看護学校、京都府立保健婦専門学校を卒業。北海道の市町村の保健婦として勤務。日本大学文理学部史学科(通信)、日本女子大学大学院を修了。順天堂大学にて博士(医学)取得。現在、東京慈恵会医科大学医学部看護学科准教授

石井勉[イシイツトム]
1962年、千葉県に生まれる。児童書の挿絵、絵本の創作に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。