珍奇植物―ビザールプランツと生きる

個数:
電子版価格 ¥2,090
  • 電書あり

珍奇植物―ビザールプランツと生きる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月27日 12時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 159p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784537216936
  • NDC分類 627.7
  • Cコード C2076

出版社内容情報

珍奇植物と言われる、姿形に特徴があり、その生態も非常に個性的な植物たちがいま注目されています。その変わった植物たちの特性や自生地の環境など、共に珍奇植物たちと暮らしていくための他にはないヒントがたくさん詰まった実用書です。

内容説明

塊根植物・サボテン・食虫植物など400種。灼熱の砂漠から熱帯雨林の植物たち。

目次

珍奇植物図鑑1 多肉植物(サボテン科;アガベ(リュウゼツラン)
サンセヴェリア(サンスベリア)
アロエ ほか)
珍奇植物図鑑2 コーデックス(パキポディウム;ガガイモ類;オトンナ;コミフォラ ほか)
巻末特集(「珍奇植物の過去・現在・未来」;達人たちの栽培場拝見)

著者等紹介

藤原連太郎[フジワラレンタロウ]
新しい価値を提供する園芸用品と植物のショップTOKYの代表兼ディレクター。植物好きが高じて2014年に同店のネットショップを立ち上げ、2016年には東京は東日本橋に実店舗をオープンする。作家物やメーカーセレクトの植木鉢、自社企画のオリジナルの園芸アイテムを多く販売する

Shabomaniac![SHABOMANIAC]
幼少よりシャボテン・多肉植物を栽培してきた歴40年の園芸家。幅広く様々な科、属の植物を育て、栽培困難種の実生や、新種の輸入にも早くから取り組んできた第一人者。自生地を度々巡り、10年目を迎える同名のBlogには実体験に基づく栽培法と、自ら育成した美しい植物の写真が並ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

91
サブタイトルはビザールプランツと生きる。世界中のサボテン、多肉植物、パキポデゥム族、コノフィツム、リトープス、他ネペンテスや一部ランの紹介。写真がきれい。珍奇植物最近よく売られているがどれも高い値がついている。割と安めのを育ててみたことがあるけれど高温多湿の日本ではなかなか管理が難しい。いつの間にか消え去ってしまった。サボテンも水をやらないでいいことはなくある程度やらなければならない。そのある程度が難しい。勉強大事!図書館本2019/06/19

トムトム

37
品種によっては年に3回しか水を与えなくてもよいんだなぁ、サボテンくん。美しく健康に育ててあげる自信はない砂漠の植物たち。温室作りからスタートかしら。和名:奇想天外が興味深かった。健康な完成形の植物ばかりで、素敵な図鑑でした。2021/10/13

♡ぷらだ♡

35
塊根植物・サボテン・食中植物など400種の珍奇な植物の図鑑。特徴が丁寧に解説されている。エケベリアなどおなじみの多肉植物でさえ、その植物の個性を引き出している写真が掲載されているので新鮮に思えます。どれもこれも、部屋に飾りたいなあ。けれど、ズボラな私には、、。写真を眺めているだけでも癒やされますので、当分はこの本で。2019/07/12

こも 零細企業営業

12
珍妙な姿をした植物の写真が盛りだくさん。葉や花の色がクッキリと浮かんでいて素晴らしい。 多肉植物、コーデックスと分類されてるが様々な格好をした植物が観れる。花付きなのもなお良い。2019/08/13

ゆに

8
図書館。全部読んだ、というわけでなくて、写真をパラ見したりじっくり見たり。細かい字も座談会もほぼ読んでいません。まだここまでの素養がなくて消化しきれてない感じ。でも面白かった。10年くらいはまれば、この本もわかるようになる予感。2019/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13598550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。