うつの医療人類学

個数:

うつの医療人類学

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535984127
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C3047

内容説明

うつ治療はどこから来て、どこへ行くのか。世界的な流行をみせるうつ病―増える患者、揺れる臨床現場のなかで日本のうつ病理解がもつ可能性を探る。

目次

序章 うつと自殺の医療人類学
第1章 「意志的な死」を診断する―自殺の医療化とその攻防
第2章 気のやまい―前近代の鬱
第3章 「神経衰弱」盛衰史―「過労の病」はいかに「人格の病」へとスティグマ化されたか
第4章 「精神療法」と歴史的感受性―二〇世紀日本のうつ病
第5章 鬱、ジェンダー、回復1―男性と「諦観の哲学」
第6章 鬱、ジェンダー、回復2―女性はうつ病をどのように経験してきたか
第7章 「労働科学」の新たな展開―“ストレスの病”と脆弱性再考
第8章 自殺論―労働の病、レジリエンス、健康への意志
第9章 ローカル・サイエンス、グローバル・サイエンス

著者等紹介

北中淳子[キタナカジュンコ]
慶應義塾大学文学部人間科学専攻准教授。Ph.D.(医療人類学)。1993年上智大学文学部心理学科卒。1995年シカゴ大学M.A.(社会科学)、2006年マッギル大学人類学部医療社会研究学部博士課程修了。慶應義塾大学文学部人間科学専攻助手等を経て、2008年より現職。主著にDepression in Japan:Psychiatric Cures for a Society in Distress.Princeton universitypress,2011(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

うつ病が世界的な流行をみせている。この流行はなぜおきたのか。北米と比較しながら、日本の「うつ」の過去・現在・未来を透徹。

第1章 うつと自殺の医療人類学
第2章 「意志的な死」を診断する――自殺の医療化とその攻防
第3章 気のやまい――前近代の鬱
第4章 「神経衰弱」盛衰史――「過労の病」はいかに「人格の病」へとスティグ
マ化されたか
第5章 「精神療法」と歴史的感受性――二〇世紀日本のうつ病
第6章 鬱、ジェンダー、回復(1)――男性と「諦観の哲学」
第7章 鬱、ジェンダー、回復(2)――女性はうつ病をどのように経験してきたか
第8章 “ストレス”の病?
第9章 「労働科学」の新たな展開――脆弱性再考
第10章 自殺論――労働の病、レジリエンス、健康への意志
第11章 ローカル・サイエンス、グローバル・サイエンス

【著者紹介】
慶應義塾大学文学部人間科学専攻准教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件