14歳からの精神医学―心の病気ってなんだろう

個数:

14歳からの精神医学―心の病気ってなんだろう

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月20日 06時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535983465
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C1011

内容説明

うつ病、双極性障害、統合失調症、多量服薬etc.心の病気って、どんな症状があるの?どうしてかかるの?どんな治療をするの?友達や親がかかったらどうすればいいの?―。

目次

第1部 心の病気ってなんだろう(摂食障害―太るのが怖くてたまらなくなる病気;社交不安障害―人との交わりが怖くてたまらなくなる病気;強迫性障害―気になって仕方がなくなる病気;うつ病―気持ちは暗く、体はだるくなる病気;双極性障害―気分のアップダウンにふりまわされる病気;統合失調症―幻覚や妄想にとらわれる病気)
第2部 精神科でよくみる問題行動(不登校―行かない?いや、行けない;暴力行為―怒りの爆発;リストカット―誰にも言わずに;多量服薬―自殺という問題を考える)
第3部 心の病気に陥りにくくするために(ストレスに強くなるために;思いつめないために;トラウマに支配されないために;心の病気を早期発見するために)

著者等紹介

宮田雄吾[ミヤタユウゴ]
1968年、長崎市生まれ。精神科医。4児の父。長崎大学医学部卒業後、長崎大学医学部精神神経科に入局。長崎県立大村病院、佐世保市立総合病院等を経て、2000年より医療法人カメリア大村共立病院で勤務。加えて2003年情緒障害児短期治療施設「大村椿の森学園」を開設し、園長となる。2010年12月より横浜カメリアホスピタルに院長として就任し、若者の診療にあたっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。