シリーズ大人のための科学<br> 高校で教わりたかった生物

個数:

シリーズ大人のための科学
高校で教わりたかった生物

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月23日 22時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784535600331
  • NDC分類 491.04
  • Cコード C1345

内容説明

日本の高校生物には、「ヒトの生物学」がない!思春期の高校生にとって必要な「ヒトの生物学」と食品、医療、環境を扱う台湾の教科書から21世紀を生きるための生物リテラシーを学ぶ。

目次

1章 生物科学と食品(微生物と食品生産;食品生産における発酵技術の応用 ほか)
2章 生物科学と医療(抗生物質とワクチン;臓器移植 ほか)
3章 生物科学と環境(外来種の侵入;環境汚染物質 ほか)
4章 高校生物では何を学ぶのが重要か―伝えたいことは「ヒトの生物学」(海外の教科書の例;台湾の教科書の特徴(日本との比較から) ほか)

著者紹介

趙大衛[チョウダイエイ]
台湾・国立中山大学生物科学系教授。理学博士

松田良一[マツダリョウイチ]
1952年、横浜市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

台湾の高校教科書の邦訳。生物学と人間の関わりが中心テーマで、高校生だけでなく大人も知っておくべきことが丁寧に書かれている。