児童養護施設で暮らすということ―子どもたちと紡ぐ物語

個数:

児童養護施設で暮らすということ―子どもたちと紡ぐ物語

  • ウェブストアに36冊在庫がございます。(2022年08月11日 17時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535564091
  • NDC分類 369.43
  • Cコード C3011

出版社内容情報

傷つきを抱えながらも懸命に生きる児童養護施設の子どもたち。その心の機微や輝き、傍らで支える職員の思いを温かな筆致で描く。

内容説明

あたりまえの生活のなかで育まれる希望。家族と離れ、過酷な背景を抱えながらも力強く生きる児童養護施設の子どもたち。職員と共に笑ったり怒ったり泣いたりする日々を通じて成長や回復を遂げていく姿を、あたたかな筆致で描く。

目次

1 施設で暮らす子どもたち(初めての児童養護施設;物語の力 ほか)
2 傷つきと痛みに寄り添う(“あたりまえの生活”をめぐって;喪失の痛み ほか)
3 児童養護施設の現在と未来(遊ぶこと、楽しむこと;体験のアレンジャー(手配者)として ほか)
4 児童養護施設で働くこと(施設職員の専門性とは;記録を残す者と残される者 ほか)

著者等紹介

楢原真也[ナラハラシンヤ]
児童養護施設子供の家、統括職・治療指導担当職員。日本ソーシャルペダゴジー学会理事。大学院修了後、児童養護施設で児童指導員や心理職として勤務。子どもの虹情報研修センター主任を経て、2015年より現職。公認心理師、臨床心理士、人間学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

崩紫サロメ

23
著者は児童養護施設を運営する臨床心理士。もともとはエッセイとして連載されたものに児童養護施設の制度を解説したパートを加えたもの。やはり本文であるエッセイパートが面白い。多くの職員は施設にいる児童と同じ経験はしていない。そこで著者自身がどのようにその葛藤を乗り越えてきたか、というところで小説が多く登場する。司書課程か何かで小説とは「自分が体験していないことに想像力を巡らす」という意義があると学んだ。まさに、著者は日々そうして想像によって自分と児童をつなごうと苦戦する。読書の意味についても考えさせられた。2022/07/27

たらこ

4
うまく言葉にならないが、気持ちに届く文章が多い本だった。現場は違えど、関わるこどもも多いので自分もこれからも頑張ろう。2022/06/07

mimi

3
児童養護施設という場所を知ってもらうというよりは、児童養護施設で働く人たちに、働きたいと思っている人たちに勇気と元気を与えてくれる内容だと思った。子どもたちが一番つらいけれど、彼らと向き合う大人もしんどい。それでも大きな喜びを与えてくれるのも子どもたち。実際私も元気をもらいました。2022/03/05

なかむー

3
児童養護施設で懸命に生きる子どもたちの心の機微や変化などが描かれている。児童養護施設にいる子どもたちを知りたくて手に取った。まだ子どもなのに、大人なんかよりよほど大変な思いをしてきている。それでも懸命に生きている…。そして著者の子どもに対する思いや考えが素敵だなと思う。貧困や虐待などの書籍を読み、特に子どもは教育と福祉が連携、横断した知識が必要だと感じていたため、「ソーシャルペダゴジー」「チャイルドユースケアCYC」という概念を知れて良かった。勉強したいと思う。2022/01/10

ぴっちゃん

2
児童養護施設の心理職として働く著者が、出合ってきた子どもたちとのエピソードを交えたエッセイとともに、児童養護施設の制度・職員・課題等について解説し、今後の社会的養護のあり方などを展望する。冒頭近くで物語の力が語られ、折に触れ数々の絵本や小説等からの引用があるのは、読書好きにとっては親しみをもって読めるポイント。わかりやすい教育や臨床心理・児童福祉などの現職の関係者はもとより、それを志す人にもおすすめ。2022/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18969084

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。