「死にたい」に現場で向き合う―自殺予防の最前線

個数:

「死にたい」に現場で向き合う―自殺予防の最前線

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2021年10月18日 05時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535564039
  • NDC分類 368.3
  • Cコード C3011

出版社内容情報

「死にたい」という告白の底にある「本当は生きたい」をいかに汲み取るか。さまざまな支援現場のリアルな実践知がここに。

内容説明

本当は生きたい。「死にたい」「助けて」その必死の告白の背後にある思いをどう受け止め、支援するか。コロナ禍での自殺対策を問う対談を収載。

目次

総論:「死にたい」の理解と対応(松本俊彦)
地域における未遂者支援の現場から(奥田由子)
身体愁訴の背後にある「死にたい」を見逃さない―プライマリ・ケアの現場から(宮崎仁)
緩和ケアの現場から(新城拓也)
生活困窮者支援の現場から(的場由木)
障害者就労支援の現場から(江田暁子)
借金問題・債務整理の現場から(木下浩)
児童養護施設で出会う「死にたい」(内海新祐)
困難を抱える女子中高生への支援の現場から(仁藤夢乃)
HIV陽性者支援の現場から―MSM(男性とセックスをする男性)への支援を中心に(生島嗣)
犯罪被害者と向き合う―「死にたい」とつぶやくとき(新井陽子)
薬局における自殺予防ゲートキーパー活動(向井勉)
電話相談の現場から(村明子)
インターネット・ゲートキーパー活動の現場から(伊藤次郎)
僧侶による支援の現場から(前田宥全)
対談 子ども・若者の自殺対策のこれから―コロナ禍が浮き彫りにした課題(渋井哲也×高橋聡美 松本俊彦(司会))

著者等紹介

松本俊彦[マツモトトシヒコ]
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長。1993年佐賀医科大学卒業。横浜市立大学医学部附属病院にて臨床研修修了後、国立横浜病院精神科、神奈川県立精神医療センター、横浜市立大学医学部附属病院精神科を経て、2004年に国立精神・神経センター(現、国立精神・神経医療研究センター)精神保健研究所司法精神医学研究部専門医療・社会復帰研究室長に就任。以後、同研究所自殺予防総合対策センター自殺実態分析室長、同副センター長を歴任し、2015年より現職。2017年より国立精神・神経医療研究センター病院薬物依存症センターセンター長を併任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Asakura Arata

4
コロナ禍で、死にたいと思っていた若者が行動に及ぶようになり、顕在化してきたような感じがする。仕事の場でも若年女性の企図が明らかに増えている印象にある。ここに執筆されている方々のご苦労でなんとかその悪化の速度がゆるくなっているのだろう。今後まとまった数字がでてきて、我々は愕然とするのかもしれない。速度をゆるくするために微力ながらお手伝いができたらと思う今日このごろである。2021/03/07

Lisa Tada

2
ホームレス支援のボランティアを一人でやっていますが、衣食住の欠乏を心配しているのではなく、私がやりたいのは、自殺予防なんだと気づかせてくれました。ゲートキーパーの講習受けようかなと。2021/05/07

Go Extreme

2
「死にたい」の理解と対応 地域における未遂者支援の現場から 身体愁訴の背後にある「死にたい」を見逃さない 緩和ケアの現場から 生活困窮者支援の現場から 障害者就労支援の現場から 借金問題・債務整理の現場から 児童養護施設で出会う「死にたい」 困難を抱える女子中高生への支援の現場から HIV陽性者支援の現場から 犯罪被害者と向き合う 薬局における自殺予防ゲートキーパー活動 電話相談の現場から インターネット・ゲートキーパー活動の現場から 僧侶による支援の現場から2021/04/01

矢坂

0
様々な現場の方の話があり、興味深かった。緩和ケアを中心に活動する医師による「「死なせて欲しい」という顔(分人)だけに向き合うのではなく他の顔(分人)を探す」という趣旨の文章が特に印象に残った。2021/07/14

Shiho Kakihara

0
死にたいという人は弱者なのではなくすべてのエネルギーが死ぬ方向に向かっている、すぐに回復することを期待数rのではなく寄り添っていく、オーバードーズには自殺企図と苦痛緩和の2種類ある、コロナ禍で女子中学生の自殺が前年の4倍、女子高校生が7倍、など勉強になった。やっぱり仁藤さんの章が良かった。 巻末の対談は、女性差別や医療者によるパターナリズムと思われる発言があり問題だと思うが、厚労省の批判はその通りであり、省庁に働きかけてほしいと思う。2021/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17335525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。