気がつけばみんな同じだったりする―統合失調症の母とオイラの日常 (新装版)

個数:

気がつけばみんな同じだったりする―統合失調症の母とオイラの日常 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月15日 18時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 142p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535563926
  • NDC分類 916
  • Cコード C0047

出版社内容情報

家族であっても自分の人生! 父親の顔は知らず、行方不明になったり包丁を振り回す母とのシビアな生活をユーモアたっぷりに描く。

目次

序章 オイラの「幸せ」な幼年時代
第1章 「お茶目怪獣」の登場
第2章 非日常的なオイラの日常
第3章 まだまだ悩みは深く続く
第4章 オイラの最悪な恋愛事情
終章 新たなる始まり

著者等紹介

瀬良垣りんじろう[セラガキリンジロウ]
1965年沖縄生まれ。高校卒業後、郵政省の試験に合格するも、採用までの期間、養豚場、石の販売、貯水タンク清掃、某B電器店などに勤務。郵政省採用後は、窓口、総務(課長)、郵便(総括課長)に勤務。かたわら労働組合の活動で支部の書記長、副支部長を、地方本部にて執行役員を経験した。2017年3月、何を血迷ったのか早期退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。