パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床

個数:
  • ポイントキャンペーン

パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 17時20分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535562479
  • NDC分類 493.7

内容説明

パーソナリティ障害という「きわどい領域」に臨床家はどうむきあうか。

目次

リストカットをどうみるか―映画『ファザーレス』に描かれた回復過程
解離状態にどうかかわるか
自己愛にどのような態度をとるか―ジャン=ジャック・ルソーの生涯
罪悪感を抱くということ―永山則夫の「反省しない」という決意
治療者に対する恋愛感情・ストーキング―恋愛についての問題1
治療者の側で抱く恋愛感情―恋愛についての問題2
『嵐が丘』から読む愛のかたち―恋愛についての問題3
身体接触欲求について
患者の目から見た精神科医療―境界性パーソナリティ患者の著作から
境界性パーソナリティ障害の自己治癒援助―さまざまな自己学習治療法
問題行動への家族の対応―『積木くずし』から学ぶ
問題行動と危機管理
パーソナリティとは社会化された「わたし」である
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』と『仮面の告白』時代の「わたし」

著者紹介

林直樹[ハヤシナオキ]
1955年東京生まれ。1980年東京大学医学部卒業。東京大学附属病院分院神経科、都立松沢病院精神科、東京都精神医学総合研究所勤務を経て、現在、都立松沢病院精神科部長、東京医科歯科大学医学部臨床教授、東京大学教育学部客員教授、東京都精神医学総合研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

事件や映画、文学作品からパーソナリティ障害の特性を探り、同時に治療へとつなげる。パーソナリティ障害の第一人者による臨床論。