• ポイントキャンペーン

カウンセリング方法序説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535562455
  • NDC分類 146.8

内容説明

現場のカウンセラーに必要なのはカウンセリングが「わかる」ことではなく、カウンセリングが「できる」こと。カンタンなようでムズカシイ、ごくフツーの、「あたりまえ」のカウンセリング…。

目次

カウンセリングとはあたりまえのことをすること
カウンセリングとはサービス業である
カウンセリングの威力―事例からロールテイキングを学ぶ
人を笑わせる“芸人”になるために
臨床に対抗するために
神は細部に宿る
身体としての言葉―言葉はいかにして届くのか
カウンセリングとは問うことである
ケースの見方、仮説の立て方
臨床的リアリティについて
カウンセラーの言葉
言葉を磨くトレーニング
言葉の力を積極的に生かす
「一本!」をとる面接―「わかる」から「できる」へ
解決についての考察

著者紹介

菅野泰蔵[スガノタイゾウ]
1953年東京生まれ。臨床心理士。大学、クリニックまでの心理士を経て、カウンセリングを社会に定着させるべく、1996年、東京カウンセリングセンターを設立。現在、同センター所長。産業、医療、教育などで幅広く活躍し、趣味の競馬にも著作があるなど、日本でもっとも多忙で異色の心理カウンセラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)