• ポイントキャンペーン

プレイセラピー―関係性の営み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 307p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784535562226
  • NDC分類 146.8

こちらの商品には新版があります。

目次

私、ゲリー・ランドレスについて
遊びの意味
プレイセラピーの歴史と発展
子どもたちとは
子ども中心プレイセラピー
プレイセラピスト
プレイルームとプレイ道具
プレイセラピーにおける親の役割
関係性の始まり―子どものための時間
促進的な応答とは
治療的な制限設定
典型的な問題とその対応
プレイセラピーの諸問題
短期集中プレイセラピー
プレイセラピーの中の子どもたち
治療的なプロセスと終結の決定
親子療法―子どもと親の関係性トレーニング(親のためのCPR)

著者紹介

ランドレス,ゲリー・L.[ランドレス,ゲリーL.][Landreth,Garry L.]
ニューメキシコ大学子どもセンター助手等を経て、1967年来、ノーステキサス大学カウンセラー教育部門教授。また同大学にプレイセラピーセンターを創設し、所長としてトレーニングプログラムを積極的に推進して、多くの優秀なプレイセラピストを養成してきた。アクスライン賞など幾多の賞を受けている

山中康裕[ヤマナカヤスヒロ]
1941年愛知県生まれ。66年名古屋市立大学医学部卒、71年同大学院医学研究科卒、医学博士。同大学助手・講師をへて、77年南山大学文学部助教授、80年京都大学教育学部助教授、92年教授。2001年研究科長・学部長を経て、2005年退職、京都大学名誉教授。日本学術会議第19期会員。現職:京都ヘルメス研究所長

角野善宏[カドノヨシヒロ]
京都大学大学院教育学研究科准教授

勅使川原学[テシガワラマナブ]
NPO法人子どもの心理療法支援会

國松典子[クニマツノリコ]
聖泉大学人間学部人間心理学科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

基本概念からハウツーまで、豊富で体系的、また事例がきわめて多彩でさまざまなケースの対応を学ぶことができる。