生存科学叢書<br> 資本主義はどこに向かうのか―資本主義と人間の未来

個数:

生存科学叢書
資本主義はどこに向かうのか―資本主義と人間の未来

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 385p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784535559325
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C3033

内容説明

格差を埋め尽くすまで運動をやめない資本主義…こうした資本主義の無限運動に対して、今、われわれは「人間」としてどう向き合うのか―。「資本主義の教養学公開講演会」選りすぐりの熱演を紙上で再現。

目次

第1部 資本主義の思想的背景(資本主義と普遍;資本主義は二一世紀でも通用するのか―哲学的考察)
第2部 現代資本主義社会が内包する課題(金融資本主義の基本概念の再考察―ファイナンスの哲学;日本型の資本主義の可能性―渋沢栄一の合本主義を見直す;資本主義はどこへ向かうのか―格差・日本経済・テクノロジー)
第3部 資本主義への新たな人間的アプローチ(脳科学から見えてくる資本主義―自然科学と人文学・社会科学の架橋融合;ゲノム人類学から見た資本主義―“幸運者生存”の法則にもとづくヒトの進化;人工知能の技術進展と資本主義)
第4部 資本主義の行方(資本主義の終焉と歴史の危機―二一世紀の利子率革命が意味するもの;際限のない欲望と資本主義の行方―経済史から見た新しい規範の社会的条件;ポスト資本主義)

出版社内容情報

資本主義や市場経済への不信感が高まっている。学界・業界を超えてさまざまな叡智が集結し、資本主義の行方と限界を熱く論じる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件