地方公務員の給与システムに関する研究

個数:

地方公務員の給与システムに関する研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月26日 17時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784535525719
  • NDC分類 318.3
  • Cコード C3032

出版社内容情報

地方公務員の給与は国家公務員や民間事業従事者と比べて高いのか。地方創生が叫ばれるいま給与システムの根幹を問う意欲的研究。

目次

序章 地方公務員の給与の在り方についての問題意識
第1章 公務員制度及び公務員給与制度の現状
第2章 地方公務員制度とその給与システムの歴史的変遷
第3章 地方公務員給与の均衡概念
第4章 21世紀における公務員の給与制度改革等の状況
第5章 21世紀における地方公務員の給与の状況
第6章 公務員給与と民間給与との比較方法等
第7章 諸外国における公務員給与決定方法
第8章 地方公務員の給与システムと地方自治権
終章 地方公務員の給与システムの在り方

著者等紹介

青木隆[アオキタカシ]
1961年長野県生まれ。1985年慶應義塾大学商学部卒業、長野県職員となる。以後、人事課、地方課、産業振興課などで様々な業務に携わるとともに、2011年放送大学大学院文化科学研究科文化科学専攻修士課程社会経営科学プログラム修了、修士(学術)取得。2021年法政大学大学院公共政策研究科公共政策学専攻博士後期課程修了、博士(公共政策学)取得。2022年長野県職員を定年退職予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。