法学者・法律家たちの八月十五日

個数:

法学者・法律家たちの八月十五日

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 10時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 273p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784535525580
  • NDC分類 916
  • Cコード C3032

出版社内容情報

玉音放送が戦争の終結を告げた1945(昭和20)年8月15日。
法学者、法律家たちはこの日をどのように迎えたのか。
戦中・戦後の学者、学問の有り様を生々しく切り取ったエッセイは
それ自体が貴重な記録だが、戦後日本社会と法学の歩んだ歴史を
考察するうえでも示唆に富んでいる。
本書は1975年、1976年の法学セミナーに収録した特別企画
「私の八月十五日」に、憲法、法制史、政治史の研究者が
解説を付したものである。

内容説明

法学者たちが迎えた「あの日」の記憶。玉音放送が戦争の終結を告げた昭和二十年八月十五日。法学者・法律家たちはこの日をどのように迎えたのか。彼らの肉声をいま改めて記録する。

目次

私の八月十五日 第一集(三〇年目の八月一五日―戦争体験と法律家(長谷川正安)
三十年前の八月十五日と私(小野清一郎)
敗戦を喜ぶ(横田喜三郎) ほか)
私の八月十五日 第二集(二〇年後への待望(植松正)
“自由のもたらす恵沢”(宮沢俊義)
安堵と不安の長い一日(峯村光郎) ほか)
解説(「統制」と「調査」―内地の司法官・「外地」の法学者にとっての「八月十五日」(出口雄一)
台北・京城・天皇制(西村裕一)
憲法学史の「語られ方」と法学方法論(坂井大輔) ほか)