「事業の再構築」を考えたときに読む本―新分野展開、事業・業種・業態転換で成長を目指す

個数:

「事業の再構築」を考えたときに読む本―新分野展開、事業・業種・業態転換で成長を目指す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月22日 02時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784534058966
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

出版社内容情報

中小企業が事業の再構築(新分野展開、事業転換、業種転換)を検討するときに最初に読む本。

内容説明

発想の転換で「儲けの仕組み」を変える。自社の経営リソース・強みの活用法。アイデアをひねり出すヒント。説得力のある「伝わる事業計画書」の書き方。補助金を受給するときのポイント。価格、場所、売り方を仮説・検証する流れ。集客・マーケティング戦略の考え方。考え方と実務が全部わかる!

目次

序章 なぜ事業再構築が必要なのか
第1章 現状の把握・分析をしてみよう
第2章 どのように変えることができるか考えてみよう
第3章 新しいビジネスを具体的に仮説・検証してみよう
第4章 集客・マーケティング戦略を考えてみよう
第5章 フル活用したい補助金・助成金の基礎知識
第6章 事業計画書を書いて新ビジネスを具体的に検討しよう
第7章 資金計画を立ててみよう
第8章 実行計画・個別ケース
付録 必ず押さえておきたい代表的な補助金の基本

著者等紹介

中野裕哲[ナカノヒロアキ]
経営コンサルタント、起業コンサルタント、事業再構築コンサルタント、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、ファイナンシャルプランナー(CFP、一級ファイナンシャルプランニング技能士)。V‐Spiritsグループ代表(税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士法人・株式会社V‐Spirits/V‐Spirits会計コンシェル・給与コンシェル・FPマネーコンシェル株式会社、経営戦略研究所株式会社)。経済産業省認定支援機関。経営者支援をライフワークとし、経営全般を窓口1つでまるごと支援する。「経営支援を通して、この国を挑戦者であふれる国にしたい!日本を元気にしたい!」という理念のもと、年間約300件の経営相談・起業相談を無料で受け、多くの経営者を伴走支援している。また、北海道から沖縄まで、全国のクライアントを指導し、経営者が困ったときの経営全般の駆け込み寺の役割も果たしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Studies

3
ある程度参考になった2022/07/01

もち

1
参考になる。実際の取り組み事例や、申請書ベースでのノウハウが記載されており、補助金の活用の趣旨や内容を理解した上で申請が必要であることを理解した。やはり、国の考えや施策の理解を深め、その方向性と逸脱しない、申請書の作成が必要であると理解しました。折に触れて読み直したい1冊です。2022/10/07

岸本貴文

0
補助金頼みの資金調達は無しだけど、外部環境の変化を見据えてリスク分散を図ること・新しい展開を模索することはひじに重要。 もっとスピード感をもった経営が求められる。2023/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18948299
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。