「イノベーター」で読むアパレル全史

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

「イノベーター」で読むアパレル全史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月29日 22時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534057525
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C0063

出版社内容情報

デザイナーや経営者などの「イノベータ―」という視点からアパレルの壮大な歴史をたどる教養書。

内容説明

シャネル、ディオール、サンローラン、ラガーフェルド、アルマーニ…流行を創った変革者に学ぶ。心躍る!ファッションの歴史。

目次

第1章 オートクチュールの始まり 女性「解放」のイノベーション
第2章 20世紀モードの発展と成熟 時代が求める人間像を作ったデザイナー
第3章 モードの多様化と、その行き詰まり ブランドが抱える後継者問題
第4章 日本が世界に与えた衝撃
第5章 グローバリズムとカリスマ経営者
第6章 翻弄するのか?翻弄されるのか?時代の寵児、クリエイティブ・ディレクター
第7章 グローバル・ニッチ市場で勝負するクリエイター
第8章 イノベーターを育てるファッションメディア

著者等紹介

中野香織[ナカノカオリ]
服飾史家。株式会社Kaori Nakano代表取締役。昭和女子大学客員教授。ファッション史やモード事情に関する研究・執筆・講演を行うほか企業のアドバイザーを務める。1994年、東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。英国ケンブリッジ大学客員研究員・東京大学教養学部非常勤講師・明治大学国際日本学部特任教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

257
サスティナビリティを入り口に、なんとなく最近になってこの業界に再び興味が向いている。これに関しては「読むアパレル全史」と銘打たれているが"読む"でも"全史"でもない。読み物というより辞典、そして辞典にしては隙間だらけ。パラパラとめくっただけでも、なぜこの人物に言及されていないのだろうというのがたくさんある。ブランドではなく人物括りでピックアップしているので、重要人物が漏れやすいといのもありそう。ブランド別に歴代デザイナーの変遷を追ってくれた方が充実した内容になったのではないだろうか。2020/02/29

スプリント

7
なじみのない分野ですがおおよその流れは理解することができたと思う。2021/10/31

ソノダケン

5
感情をチクチク刺激する「ファッション」の6文字を厭い、本文でほとんど使われない「アパレル」をタイトルに冠する。石油業界に次ぐ環境汚染源と批判されるファッション業界は、環境問題というファッションと揉み合いつつ自己を再定義している。意識の高いやつらに布切れを売って儲ける稼業だが、ミートゥーだのクートゥーだの調子に乗らせると、自己破壊まで行き着きかねないのが悩ましい。そんな戦場の霧の中、国歌斉唱拒否で炎上したアメフト選手を捨て身になって支援したナイキのマーク・パーカーみたいに、大胆不敵なエピソードが光っている。2020/02/06

スチュアート

4
今までファッションについて興味を持っていたが、その歴史については全く知らなかった。読みやすく、個々のブランドや人物から、アパレルの歴史全体も見渡せる一冊だった。2020/05/24

うちだ

3
「ハウス・オブ・グッチ」の原作を読んだ時に、もっとデザイナーやブランドのことを体系的に学べる本は無いかな、と思って図書館で探して読みました。ハウス・オブ・グッチがグッチというブランドを縦軸で深掘りしていたのに対し、こちらは広く浅く、横軸からのアプローチ。ファッションにとても詳しい人にはきっと物足りないだろうけど、個人的には知らないことも多く、勉強になりました。これもう一回読もう、と思い、図書館で読んだ上でKindle版も買ってしまいました。2022/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14925031

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。