ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全

個数:

ビジネスで使いこなす「定量・定性分析」大全

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2019年05月21日 11時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 462p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534056559
  • NDC分類 336
  • Cコード C0030

内容説明

本書は、数値データにもとづく「定量分析」、論理思考などのフレームワークによる「定性分析」の両方を紹介し、様々な視点で『問題解決』を行う手法を徹底解説する。定量分析と定性分析の使い分け、組み合わせの効果も解説。また定性分析の思考法の使い分けや組み合わせによる『問題解決』手法も事例で詳しく説明する。

目次

定量分析と定性分析の関係とは
定量分析と定性分析を組み合わせた事例
「定量分析」を用いた意思決定はこうする
確実性が高い時の「定量分析」による意思決定
リスクがある時の「定量分析」による意思決定
不確実な時の「定量分析」による意思決定
3種類の「定性分析」の使い分けは、問題解決に効果的!
目的に向かって結論を絞り込む「論理思考」(ロジカル・シンキング)
イメージを抜本的に広げる「創造的思考」(クリエイティブ・シンキング)
複雑な因果関係を解明する「システム思考」(システム・シンキング)
定性分析の「3つの思考」をどう使い分けるか
定性分析の「3つの思考」を組み合わせた問題解決!
定量分析とビジネス数学

著者等紹介

中村力[ナカムラチカラ]
北海道大学大学院理学研究科修了。公益財団法人日本数学検定協会学習数学研究所上席研究員。JFEスチール株式会社で、企業戦略、商品開発、セールスエンジニアなどを担当。業務改善(導入費用対効果)、市場調査、秋葉原量販店への販売促進、需要予測などを定量分析・定性分析で行う。2004年から数学とビジネスの接点を見出すべく、当協会にて研究開発を続け、定量分析を重要テーマとするビジネス数学検定の立ち上げに全面的に関わった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

数値に基づく定量分析、論理思考等フレームワークによる定性分析を用いた問題解決法を解説

中村力[ナカムラチカラ]
著・文・その他