Google流 資料作成術

個数:
  • ポイントキャンペーン

Google流 資料作成術

  • ウェブストアに48冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534054722
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0033

出版社内容情報

Google社内研修開発者直伝! どんなに複雑なデータでもシンプルにわかりやすく伝える技術。

コール・ヌッスバウマー・ナフリック[コール・ヌッスバウマー・ナフリック]

村井瑞枝[ムライミズエ]

内容説明

伝わる資料を作成する最大の秘訣は「データをただ見せるだけ」で終わるのではなく、「データを使ってストーリーを語ること」。どんなに複雑なデータでもシンプルにわかりやすく。Google社員が実践する「ストーリーテリング」を初公開!

目次

第1章 コンテキストを理解する
第2章 相手に伝わりやすい表現を選ぶ
第3章 不必要な要素を取りのぞく
第4章 相手の注意をひきつける
第5章 デザイナーのように考える
第6章 モデルケースを分解する
第7章 ストーリーを伝える
第8章 さあ、全体をまとめよう
第9章 ケーススタディ
第10章 最後に

著者等紹介

ナフリック,コール・ヌッスバウマー[ナフリック,コールヌッスバウマー] [Knaflic,Cole Nussbaumer]
銀行やプライベートエクイティでの分析業務で活躍後、Googleに入社。Googleに約5年間在籍し、「ビジュアライゼーション」の講座を担当、世界各国のGoogleで教えてきた。ただのデータを「情報」に変え、本質を見抜き、アクションへとつなげる手法を説く。ワシントン大学で応用数学の学士とMBAを修得。2013年、Googleを退社。ブログstorytellingwithdata.comを立ち上げ、人気を博す。「ひどいパワーポイントを世界からなくす」をミッションに、企業や非営利団体でビジュアルコミュニケーションの研修やワークショップを行なう

村井瑞枝[ムライミズエ]
株式会社キルン代表取締役。世界トップクラスのアートスクールで学び、JPモルガン、ボストンコンサルティンググループにてキャリアを積んだ異色のコンサルタント。辻調理師専門学校にて調理師免許取得後、米国ブラウン大学に入学、アートを専攻する。在学中、イタリアボローニャ大学、「美大のハーバード」と呼ばれるRhode Island School of Design(RISD)に姉妹校留学し、アートを学ぶ。大学卒業後は、JPモルガンを経て、ボストンコンサルティンググループにアソシエイトとして入社(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Susumu Tokushige

21
データを使ってストーリーを語るための6つのレッスン(コンテキストを理解する、相手に伝わりやすい表現を選ぶ、不必要な要素を取り除く、相手の注意をひきつける、デザイナーのように考える、ストーリーを伝える)を解説。利用するグラフは4つ(点、線、棒、面積)で、回避すべきグラフは、円・ドーナツ・3D・第2縦軸だとか(円と第2縦軸は頻繁に使っているので衝撃)。「視覚認知のゲシュタルトの法則」を用いて、近接・類似・囲み・閉合・連続性・接続、の視覚的効果を示す事例には感動を覚えた。「シンプルさはセクシーさに勝つ」に納得。2019/05/05

ロッキーのパパ

12
評価は★★★★(満点は★★★★★) データの見せ方の重要性に気がつき、勉強したいと思い本書を図書館で借りた。 評判通りの良い本だった。 エッセンスは掴めた。原書 (storytelling with data)をじっくり読んでさらに理解を深めていくつもりだ。2020/10/10

Taizo

12
「データを使ってストーリーを語る」何のために可視化をするかというと言いたいことがあるからで、そこは常に意識しないといけない。言ってることは簡単だし、すぐに真似できることばかりにもかかわらず、実践してる人は少ない。プレゼン資料が驚くべきほど改善されると思うので、取り敢えず読んでみればいいと思う。 個人的に「データの見せ方」はコスパの良い学習だと思ってる。大学は集中講義なりで必修にすれば良いのに。2020/03/08

せっちゃんさん

8
データを人に見せる(データビジュアライゼーション)についての指南書。「世界から、ひどいパワーポイントを根絶する!」と言う著者だけに、説明が超・丁寧。エクセル機能の紹介ではなく、ストーリー・デザイン部分が中心。心に響いたのは、「減らすものが無くなった時、それが完璧になったと分かる(サン・テグジュペリの名言)」という言葉通り、シンプルにさせる技術。こんな大胆にやるのか...。”デザイン=デザイナーの仕事”ではなく皆が持つべきスキルだと理解。仕事をする人は皆読んだ方が良い。2020/09/06

kiki

8
データをグラフで視覚化し、ストーリーを語る。誰に、何を、どのように伝えたいのかを考えてデータをグラフ化する。量を示すものに棒グラフや円グラフがあるが、伝え方によっては折れ線グラフとする方がわかりやすい時もある。これまでの固定概念にとらわれずに資料を作成することが大切。2018/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11470437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。