イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略

個数:

イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534054371
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C0034

内容説明

競争優位の獲得は至上命題ではない。制度と現場のギャップを克服する―組織の生存戦略。

目次

第1章 ダイナミック戦略とダイナミック組織―競争優位からイノベーションへ(「愚かさ」の喪失;「仕組み」とは経営の失敗の現れ ほか)
第2章 組織の共同体化―自転車操業こそ優れた経営である(共同体に契約は不要?;リッカートの連結ピン組織 ほか)
第3章 共同体の組織化―部下の部下は部下ではない(上司の上司は上司ではない)(臣下の臣下は臣下ではない;階層は不要なのか? ほか)
第4章 円環運動としてのダイナミック組織―失敗を許容する組織がイノベーションを巻き起こす(陰陽の原理とダイナミック組織;多数決(優勢)ではなく、少数決(劣勢)に立つ考え方 ほか)

著者等紹介

原田勉[ハラダツトム]
1967年京都府生まれ。一橋大学商学部卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修了。スタンフォード大学Ph.D.(経済学)、神戸大学博士(経営学)。現在、神戸大学大学院経営学研究科教授。専攻、経営戦略・組織・技術マネジメント、産業組織・経済成長論。著書に『知識転換の経営学』(組織学会高宮賞・著書部門、経営科学文献賞・奨励賞、日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞受賞、東洋経済新報社)ほか。特技は、茶道(裏千家茶名)、四柱推命(泰山流子平館教授)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

組織を制度ではなくプロセスととらえ、イノベーション最適組織をつくるダイナミック組織の戦略。

原田勉[ハラダツトム]