好かれる人が絶対しないモノの言い方

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

好かれる人が絶対しないモノの言い方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 12時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053794
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0080

出版社内容情報

ちょっとしたひと言で、誤解や気持ちのすれ違いはスッキリなくなる! 本書は、言葉が生まれる前の「気持ち」をていねいに掘り下げながら、相手に好印象を与える「モノの言い方」を、NGとOKを対比し、どのように言い換えればよいのかを理由とともに解説します。

内容説明

あの言い方、よくなかったかな?なぜムッとされてしまったのだろう?どうして誤解されたのだろう?仕事でもプライベートでも「モノの言い方」を変えるだけで「好かれる人」になれます。

目次

第1章 言葉で相手をないがしろにしない
第2章 気持ちのすれ違いを生む言い方
第3章 角の立たない言い方で上手に伝える
第4章 つたない言葉づかいをしない
第5章 相手を不快にさせる言い方を避ける
第6章 気持ちよく会話をはずませる

著者等紹介

渡辺由佳[ワタナベユカ]
1964年、東京都生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。テレビ朝日にアナウンサーとして入社。報道から社会情報番組まで多数の人気番組を担当。1993年に独立。以後、フリーアナウンサー、話し方講師としての活動を始め、テレビ朝日アナウンサースクールやシェリロゼ(自分磨きスクール)で指導を行なうほか、みずほ総合研究所(株)、SMBCコンサルティング(株)、(株)星和ビジネスリンクなどで「ビジネスマナー」「コミュニケーション」「ビジネスメール」をテーマに企業向けのセミナー講師も務める。2016年より大妻女子大学文学部非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

42
目から鱗が落ちました。物は言いようとはよく言ったものですね。本当に気を付けようと思います。2017/03/04

ゆき

37
ついつい口癖で「すみません~」と言いがちなので「ありがとう」に変えていきたいなと思います。2016/09/12

Anemone

37
モノは言いよう。だけれど、どれだけ言葉を尽くしても伝わらない相手もいる。同じようなことを相手に求めないのも大切な気づかいのひとつ、とのこと。2016/06/28

アコ

25
Kindle Unlimited:とても勉強になった!元テレ朝のアナウンサーで現在はセミナー講師も務めている著者による【感じのよいモノの言い方】を6章構成/41事例で紹介。NGとOKを対比し、どのように言い換えればよいのかを理由とともに丁寧に解説。各項目の最後に簡潔なまとめがあるのもよい。すでに実践してることもあったけど、「わーやってしまってるわー…」と耳が痛いものも。しかし、こうして学べたことを前向きに捉えたい。人との対話は一生続くので読み返したい良書。ビジネス特化ではない点が高評価。購入検討中。2020/07/21

assam2005

25
先日読んだ穂村弘さんの「絶叫委員会」と相対する意見が書かれていたのが面白かった。トイレに張られている「キレイにお使いいただき、ありがとうございます」と言う言葉。私は渡辺由佳さん寄りの意見です。逆に穂村さんの見方は新鮮でした。(笑)相手の立場を考えれば、自ずと言葉はこう出るだろう、と言う渡辺さん。「相手にも同じような気遣いを求めない」、「『すみません』が許されるのは社内まで」ということを若い頃、仕事をしながら肌で感じたのを思い出しました。敢えて言葉に出してもらうことで、再確認できました。2017/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10792140

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。