すごい差別化戦略―競合他社を圧倒する「違い」のつくり方

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

すごい差別化戦略―競合他社を圧倒する「違い」のつくり方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053480
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

出版社内容情報

25の身近な事例をもとに、簡単には模倣されない差別化戦略の考え方を脱セオリーの実学として解説

内容説明

模倣されない意外な理由とは!?25の身近な事例を題材に、価格競争に陥らない、常識を突き抜けた「差別化戦略」の核心を解き明かす。

目次

プロローグ いま、求められる力
1 あの会社の圧倒的な強さの謎
2 セオリーに反する一見、非常識な行動がすごい効果を生む
3 勝ち戦は続かない―差別化のジレンマ
4 「差別化」思考を強化する仕組みづくり
エピローグ 「考え抜く」しかない

著者等紹介

大崎孝徳[オオサキタカノリ]
名城大学経営学部教授。1968年大阪市生まれ。民間企業勤務後、長崎総合科学大学助教授、ワシントン大学マイケルGフォスター・ビジネススクール客員研究員を経て、現職。九州大学大学院経済学府博士後期課程修了、博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

21
他社商品と差別化された商品をつくり出したとしても、それが模倣されやすいモノであれば、市場を奪われてしまう確率は上がる。たとえばパンは、既存商品の生地の形を変えたり具材を追加したりすることで新商品となるため、模倣されやすい。多くの人が「携帯サンドイッチ」と言われて思い浮かべるのは、山崎製パンの『ランチパック』であろう。しかし携帯サンドイッチの元祖は、フジパンの『スナックサンド』だ。リーダー企業である山崎製パンが、後からランチパックを発売したことにより、フジパンは携帯サンドイッチの市場を奪われてしまったのだ。2019/05/13

アセロラ

6
いかに競合他社との違いをつくるか、そのために、徹底的に考え抜く、という著者の主張でした。考え抜くというのは、必ずしも時間をかけるのではなく、わずかな時間でも深く掘り下げて考えるということ。例えばハーゲンダッツは、厳選された原料を世界中から集め、温度管理も追求しています。そして消費者に「至福の瞬間」を届けます。このように、他の一般的なアイスとの差別化をはかっています。そのほか色々な商品や会社の名称を出して、具体的に解説しています。とにかく、ハーゲンダッツを食べたくなりました。2019/06/04

☆ツイテル☆

2
フライヤー2022/01/26

kabeo

2
簡単に真似されない強い差別化商品を生み出すには、投資も必要だし、手間暇を掛けることも必要なんだと感じた。積極的摸倣戦略は目から鱗。売り方も重要。当たり前のような気もするが事例を読んでなるほどと思うことが多かった。何よりやり切るためのトップの強い意志が重要なんだと痛感。2017/04/06

hiyu

2
エピソードを読めば、単なるノウハウ本/分析本ではないことが分かる。よくインターネットから情報は得られる旨の指摘はあるが、結局のところ、結果に結び付くにはどれだけのアナログ力を持つかどうかがやはり大事であって、そのことをより強く書いてもらえると、自分なりにはしっくりと行く。2016/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10131315
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。