日本の道路がわかる事典―知れば知るほどおもしろい

個数:

日本の道路がわかる事典―知れば知るほどおもしろい

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年05月26日 04時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053183
  • NDC分類 685.21
  • Cコード C0065

内容説明

道路をたどれば、歴史と文化が見えてくる!毎日、何気なく歩き、使っている「道路」は古来、人を運び、物資を運び、文化をも運んできた。道路を切り口に日本を旅する!

目次

第1章 道路の不思議―何のために道路はあるのか(「道路」っていったい何だろう?;自動車が通行できない国道がある!? ほか)
第2章 道路の歴史―明治から現在まで(日本の道路整備が遅れた理由とは?;乗物の歴史―徒歩から馬車、そして自動車へ ほか)
第3章 道路が伝える歴史と文化(古代の道の始まり;すべての道は畿内に通ず ほか)
第4章 道路にまつわる雑学と疑問(直轄国道と補助国道とは;国道は、どっちが起点でどっちが終点か? ほか)
第5章 進化を続ける日本の道路(交通渋滞による時間損失は年間38億時間;渋滞はどうすれば解消できるのか? ほか)

著者等紹介

浅井建爾[アサイケンジ]
地理・地図研究家、日本地図学会会員。青年時代に自転車で日本一周を走破して以来、地図や地名とともに道路にも関心を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

道路に隠された歴史的な背景や文化、国道や高速道路、橋やトンネル、交通の最新システムまで!