人工知能に負けない脳―人間らしく働き続ける5つのスキル

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

人工知能に負けない脳―人間らしく働き続ける5つのスキル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 02時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534053091
  • NDC分類 498.39
  • Cコード C0036

出版社内容情報

人工知能(AI)が飛躍的な発達・進化を遂げると人類を脅かす存在になる!? そんな危機が叫ばれる時代、私たち人間は何を考え、どう生きていくべきか?──広範囲で多彩なジャンルで大活躍の茂木先生が、最新の脳科学の知見を踏まえて説く「新時代の生き方」。

内容説明

“脳力”を高める、マインドを変える。これからの時代にもっと輝く働き方!

目次

第1章 人工知能がいま、すごいことになっている!(人工知能は人類にとっての脅威?それとも味方?;2045年問題は本当に起こるのか? ほか)
第2章 これからの時代に求められる人間の役割とは何か?(人工知能の仕組みと脳の仕組みはまったく異なったもの;人工知能時代を勝ち抜ける準備をしていこう ほか)
第3章 人工知能に負けないスキルを磨いていこう!(人工知能時代を生き抜くスキルを磨いておこう;人間の強みとなるコミュニケーション能力を磨く ほか)
第4章 人工知能に負けない発想を磨いていこう!(人工知能的な発想を身につけよう;人間らしい発想の付加価値を見出す ほか)
第5章 人工知能に負けないイノベーション・ライフを目指そう!(クロスオーバーな生き方がイノベーションを生み出す;「らしく」という概念ばかりに捉われないことが大事 ほか)

著者等紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。脳科学者。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経てソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究する傍ら、文芸評論、美術評論にも取り組む。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞を受賞。2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真澄

38
2045年ーーあと30年後はどんな世の中になっているか想像がつかない。だけど将来的には映画『アイ・ロボット』の世界が来るのかもしれない。2016/03/12

たか

12
2045年には人のやっていた仕事の大半がAIに取って代わる時代が来ると言われています。 しかし。人の力はまだまだ、捨てたものでない。AIには真似出来ないスキルを身に付けることが重要。その代表格はコミュニケーション力や直感力、発想力だ。 それらを身に付けるために日常的に勉強することが大切だと思う。2016/11/25

DK.HY.

11
人工知能関連の情報収集を目的として読む。人間が人工知能に勝る点と劣る点を挙げ、人間の勝る点を活かした働き方・生き方を薦める本。脅威として見るのではなく、人工知能の特徴を活かして人間の強みを伸ばす為の道具としての利用方法が書かれている。人間の強みとして、直感やセンス、発想、コミュニケーション、イノベーション、身体性があるとのことだが、本書は2015年9月発行。当時から多くの変化があった。コミュニケーションや直感となる部分は、かなり迫って来ていると感じる。実際は別物でも『見える』ことが問題。これは堕落を生む。2017/03/21

あじさい

9
茂木センセイは「人工知能にはできない人間の強み」を見つけていくことが重要、というスタンス。だけど、現時点の私は、人工知能を理解するための「わかり易い」テキストとして本作品に手を伸ばしたので、主なテーマからはズレた読み方をしている。情緒やクリエイティブの比重を高めていこう、と心新たにしている訳でもない。特に仕事で必要という差し迫った状況ではなく、単なるマイブームというユルい感じデス。なので逆に、純粋な好奇心、なんだと思う。ただ、とある説を支持するからといって、両極端や二律背反に走るのは控えるべきでしょうね。2015/11/02

Yuri Mabe

8
ポイントは抑えてあってなお、著者らしくゆるくて簡潔。「人間の嗅覚のセンサがすごい」という情報は初耳。確かに「人工知能に負けない5つのスキル」というところも、実はこういった生物のハードウェアの部分といえるかもしれない。深層学習も実は試行錯誤と実行時間が必要で、5億年の実行時間を持つ生物に敵わないところがあるに決まってる。とはいえAlphaGoが圧倒的な勝ちっぷりだったため手に取ってしまった。(勝敗のみならず、素人手に見えて勝つ、という未知の差…。)2016/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9801620

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。