東大の入試問題で「数学的センス」が身につく

個数:

東大の入試問題で「数学的センス」が身につく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月23日 03時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534052667
  • NDC分類 410
  • Cコード C0041

内容説明

“難問”として知られる東京大学の数学入試問題。実は、高度な数学の知識を問われる以前に、発想の転換や多角的な視点、つまり、数学的な思考センスが求められます。本書では、実際に出題された試験問題を通して、受験だけでなく日常生活や仕事にも役立つ、問題解決において必要な「考える力」を紹介します。

目次

第1章 複雑な物事をシンプルにする「分解力」の問題(東大が求めている「分解力」とは何か?;崩さずに分けると目的がはっきりする ほか)
第2章 柔軟な発想で解決策を見出す「想定力」の問題(東大が求めている「想定力」とは何か?;未来を推理するには確率を使うといい ほか)
第3章 全員を納得させる説明をする「論証力」の問題(東大が求めている「論証力」とは何か?;反論を避けることは不可能である ほか)
第4章 現象に囚われず本質を見破る「批判力」の問題(東大が求めている「批判力」とは何か?;ニュースの裏に隠されたメッセージは? ほか)

著者等紹介

時田啓光[トキタヒロミツ]
株式会社合格舎代表取締役。東大合格請負人。1986年山口県生まれ。2011年京都大学大学院理学研究科修士課程(数学・数理解析専攻)修了。メディア出演のほか、全国の高等学校などで講演活動も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。