買いたがる脳―なぜ、「それ」を選んでしまうのか?

個数:

買いたがる脳―なぜ、「それ」を選んでしまうのか?

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年04月22日 03時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 313,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534052193
  • NDC分類 675
  • Cコード C0030

内容説明

ある商品のマーケティング会議―出席者は、ITエンジニア、神経心理学者、統計学者、生化学者だ。購買トレンドを分析し、行動ターゲティングを駆使した的確なキャンペーンについて検討している。―会議室の風景がこうなる日は遠くない。「なぜ、その商品を選ぶのか」「買い物をするとき、心と体はどう反応するのか」、神経経済学、行動経済学、そして消費者心理学の観点から、ショッピングの現場をのぞくと、意外な事実が見えてくる!

目次

ショッピングを「科学」する
ショッピング現場に潜む「かくれた説得者」
「あなたの考えはお見通しです」
ショッピングはあなたの「気分」だけでは完結しない
「買い物をする脳」の中身
売り場が醸し出す「雰囲気」の説得パワー
ブランド愛―お客の感情を操作する
サブリミナルのプライミング効果
テレビがあなたを観ている
モバイルメディアのマーケティング力
究極の「買いたがる脳」
売り手の思惑、買い手の責任

著者等紹介

ルイス,デイビッド[ルイス,デイビッド] [Lewis,David]
「買い物をする脳」の分析に神経科学を応用したパイオニア的存在の研究者。「ニューロマーケティングの父」と呼ばれ、1980年代からサセックス大学でテレビCMと脳波の関係の研究をしていた。最先端のリサーチに基づくコンサルタントを行う「マインドラボ研究所」を設立。高度な技術を駆使して、買い物をするときの人の心と体の反応を研究している。現、同ラボディレクター

武田玲子[タケダレイコ]
慶應義塾大学商学部卒。鉄道および食品大手で長年にわたり広報・IR業務を経験後、翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。