超金融緩和の時代―「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

超金融緩和の時代―「最強のアメリカ」復活と経済悲観主義の終わり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784534050809
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C0033

内容説明

史上最高値を更新する米国ダウ、円安が加速する為替市場、上昇基調に入った日経平均、従来の次元を超えた金融緩和、激変する世界経済の真相は何か?歴史観と緻密なデータ分析、冷徹な論理に基づき大局的なトレンドを明らかにする!

目次

序章 リーマンショックがきっかけとなった世界経済の新たな潮流
第1章 QE(量的緩和)が示唆する資本主義の歴史的転換
第2章 「最強のアメリカ」復活で始まる新たな世界経済の秩序
第3章 米国企業が空前の利益を生み出す背景
第4章 ヒト余りとカネ余りが次なる経済発展の原動力となる
第5章 力強さを取り戻した米国の経済指標
第6章 株式相場と為替相場の新たなるトレンド
第7章 米国経済復活への踏み絵となる「財政の崖」問題
第8章 うたかたの夢で終わった「中国覇権国」論
終章 米国のプレゼンス復活と世界経済の新たなるレジーム

著者等紹介

武者陵司[ムシャリョウジ]
1949年長野県生まれ。1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券入社、調査部配属。1988年ニューヨーク駐在、大和総研アメリカでチーフアナリスト。1993年大和総研企業調査第二部長。1997年ドイツ証券入社、2005年まで調査部長兼チーフストラテジスト。2005年ドイツ証券副会長兼チーフ・インベストメント・アドバイザーに就任。2007年から埼玉大学大学院客員教授を務める。2009年(株)武者リサーチ設立。ドイツ証券、ドイツ銀行東京支店、ドイチェ・アセット・マネジメントアドバイザーに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。