「それ、根拠あるの?」と言わせないデータ・統計分析ができる本

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

「それ、根拠あるの?」と言わせないデータ・統計分析ができる本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月13日 20時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534050724
  • NDC分類 417
  • Cコード C0033

内容説明

最も効果的な販促策はどれか?結び付きの強さで要因(理由)を見つける(相関)、バラつきからリスクをあぶり出す(標準偏差)、丁度いいデータがないときは?知識ゼロでも今すぐ使える、日産・経営企画マネジャーが教える説得力を増す数字の使い方。必要な手法だけを取り上げ、データを効果的に使うための考え方やノウハウを紹介。

目次

序章 データ・統計分析のための発想とコツ
第1章 そんな都合のいいデータ、どこにもないんですけど…効果的なデータ分析のための集め方と分析の視点
第2章 利益を出すために必要なことは?―規模と、平均・中央値の話
第3章 リスクをどう見積もるのか―標準偏差とヒストグラム
第4章 何が成功要因なのか―データで将来を見直す「相関分析」
第5章 目標達成に必要な予算はいくらか?―企画の計画性・収益性をつかむ「単回帰分析」
第6章 効果的なデータの見せ方・伝え方―メッセージをもって「数字」を伝える

著者等紹介

柏木吉基[カシワギヨシキ]
1972年神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工学部卒業後、日立製作所入社。米国Goizueta Business SchoolにてMBA取得。2004年日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門を経て、組織開発部ビジネス改革チームマネージャ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうせいパパ

34
近々実施するデータ分析に備え、知識を注入。目的を達するため、まずは仮説を立て、そしてデータ収集のうえ分析し、最後に分かりやすくメッセージを伝える。相関や標準偏差などのデータ分析手法や、分かりやすいメッセージの伝え方には、これまでにない知見を得られた。2015/04/06

犬こ

14
これは良著。依頼から、調査、統計解析、落とし込み、プレゼンテーション発表まで、一つのストーリーで具体的に展開され、分かりやすかったです。再読確定本。2015/01/11

犬こ

11
再読本。統計による数字を順立てて、プレテ資料まで落としこむ流れがとても分かりやすいです。定期的にあと数回は読み返したい良著。2015/01/25

ga-ko

9
内容は私にとって難しいものだった。でも平均の他に平均とどのくらい離れているかを知ることなど、これまで接したエクセル本であまり扱わない関数をしることができてよかった。2015/05/21

しょうご

8
電子書籍でながらく積読にしていました。今すぐにこの本に載っているような基礎の段階からの統計分析をする機会はありませんが、そういうものの見方ができるということは覚えておいて損はないと感じました。2022/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6735190
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。