中小企業のための「資金繰り・借入交渉」実践マニュアル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784534050366
  • NDC分類 336.82
  • Cコード C2034

内容説明

無借金経営を実現、追加融資でリスケを回避…実際の成功事例を掲載。資金繰り表の見方・活かし方、適正な借入限度額の求め方、経営改善計画の作成ポイント、資金使途別の借入交渉の実際、“借換え依存体質”から脱出す方法etc.金融機関との交渉を有利に進めるノウハウが満載。

目次

第1章 金融円滑化法期限切れ後に経営者が注意すべき点
第2章 資金繰り改善・会社再建の成功事例
第3章 キャッシュフローで自社の課題を知る
第4章 資金繰り表のチェックポイント
第5章 融資を引き出す決算書のポイント
第6章 借入交渉のルールとポイント
第7章 事例に学ぶ交渉の実践テクニック
巻末資料 リスケ・返済猶予に関するQ&A

著者等紹介

安田順[ヤスダジュン]
中小企業診断士・安田経営診断事務所代表。1966年、島根県松江市生まれ。東京国際大学商学部卒業後、住宅金融専門会社、住宅金融債権管理機構(現在の整理回収機構)東京特別整理部にて、融資業務のほか残高100億円超の大口案件の債権回収、企業再生を経験。その後、経営コンサルタント会社、大手銀行系リース会社を経て、2001年に独立。現在は、金融・財務に詳しい中小企業診断士として、実質無借金の優良企業から再建真っただ中の中小企業まで幅広く経営全般のサポートに携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mkt

0
リスケやキャッシュフロー計算書など基本的な言葉の説明から、中小企業でよくあるケースが事例を通じて解説されていてとても分かりやすく読みやすい。 基本に立ち返る時に読みたい本。 20200118読了 250ページ 30分2020/01/18

ささ

0
読んだメモ 安田先生2冊目。2013年初版の本なので時代的にリスケの話が中心。資金繰りの考え方、参考になります。2019/06/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5827087

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。