勝海舟 行蔵は我にあり

勝海舟 行蔵は我にあり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 256,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784534028006
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

波乱に富んだ人生の中から生まれた数々の名言。幾度の困難にも臆することなく立ち向かい、常に自己の信じるところを行った勝海舟。坂本龍馬、西郷隆盛、徳川慶喜…多くの人物に影響を与え、激動の幕末から明治という新しい時代を築く原動力となった勇気、行動力、先見性に富んだ生き方に迫る。

目次

第1章 力は貧に勝つ(小普請組の勝家―“まっすぐな心”を持て;青雲を踏みはずす―不羈奔放に生きよ ほか)
第2章 己に克ち礼に復る(長崎海軍伝習所の創設―大事は小事の積み重ねで成る;二代目監理・木村喜毅―権威は大いに活用すべし ほか)
第3章 直は曲を輔けず(兵庫海軍練習所の閉鎖―人生、陽の当たらぬ日もある;禁門(蛤御門)ノ変―前向きに可能性を探る ほか)
第4章 身を立て道を行う(戊辰戦争勃発―中途半端は失敗のもと;慶喜の敵前逃亡―大事には一身を賭す ほか)

出版社内容情報

激動の幕末から明治にかけて、時代を切り開いていった勝海舟。その波瀾に富んだ人生の
中で生まれた数々の名言は、時代を超えて私たちの心に響く。海舟自らの書『氷川清話』
や記録に残されている言動をもとに、幕末という変革の時代を生き抜いたヒントを探る。