次に「倒産」する会社―危険度ランキングでわかる

  • ポイントキャンペーン

次に「倒産」する会社―危険度ランキングでわかる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784534027566
  • NDC分類 336.83
  • Cコード C0033

内容説明

「絶対に潰れない、潰さない」といわれたゼネコンが3社連続で倒産。それに拓銀・山一などの金融機関のメガトン級破綻が続き、東食、ヤオハン、京樽、日東興業など、燎原の火の如くあらゆる業界に倒産の嵐が伝播し始めた―。「まさか、まさか」の大企業が、なぜ次々と破綻の憂き目に遭わねばならなかったのか、いま、各業界・企業はどのような状況にあり、この98年をどう乗り切ろうとしているのか。帝国データバンク情報部が総力を結集して倒産列島ニッポンを斬る。

目次

第1部 98年は倒産で明け暮れる年になる!
第2部 企業はこうして倒産する!(都銀・長信銀・信託;地銀・第二地銀;証券会社;生命保険;リース・信販;ゼネコン・サブコン;デベロッパー;スーパー・百貨店 ほか)