ぼくのオペラへの旅―「ヨーロッパのオペラハウスと音楽祭を訪ねて」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784533051753
  • NDC分類 766.1
  • Cコード C0095

内容説明

音楽評論46年の著者が贈る、オペラファン必携のヨーロッパオペラの旅の指南書。

目次

イタリア(ミラノ(スカラ座)
ヴェネツィア(フェニーチェ歌劇場) ほか)
フランス(パリ(パリ・オペラ座(ガルニエ宮&オペラ・バスティーユ))(オペラ・コミック座)
エクサン・プロヴァンス(エクサン・プロヴァンス音楽祭) ほか)
イギリス(ロンドン(ロイヤル・オペラハウス(コヴェント・ガーデン王立歌劇場))
グラインドボーン(グラインドボーン音楽祭) ほか)
ドイツ(ベルリン(ベルリン国立歌劇場)(ベルリン・ドイツ・オペラ)(ベルリン・コーミッシェオパー)
ドレスデン(ドレスデン国立歌劇場(ゼンパー・オパー)) ほか)
オーストリア(ウィーン(ウィーン国立歌劇場)(ウィーン・フォルクスオパー)
ザルツブルク(ザルツブルク音楽祭(祝祭劇場)) ほか)

著者等紹介

黒田恭一[クロダキョウイチ]
音楽評論家。1938年生まれ。早稲田大学在学中から雑誌・新聞への執筆を初め、以後音楽専門誌のみならず、一般紙での連載を多数担当。FMやラジオ、テレビ等の音楽番組解説者としても活躍。Bunkamuraオーチャードホールのプロデューサーをつとめるなど、その活動は多岐にわたる。クラシックファンの裾野を広げる活動に精力を注ぎ、幅広い層からの支持と信頼を獲得している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。