なにがケインズを復活させたのか?―ポスト市場原理主義の経済学

個数:
  • ポイントキャンペーン

なにがケインズを復活させたのか?―ポスト市場原理主義の経済学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年03月23日 00時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532354022
  • NDC分類 331.74
  • Cコード C3033

内容説明

一時は各国政府がこぞって採用したケインズ経済学は、なぜ古典派経済学と自由市場原理に敗れたのか。そしていまなぜ復活なのか。ケインズ研究に生涯を捧げた第一人者が、ケインズの理論と生涯、そして今日的意義を分かりやすく解説しながら、今回の危機を生み出した制度的、理論的、道徳的失敗を論じる。

目次

第1部 危機(問題はどこに;経済学の現状)
第2部 ケインズ経済学の興亡(ケインズの生涯;ケインズの経済学;ケインズ革命は成功か失敗か)
第3部 よみがえるケインズ(ケインズと資本主義の倫理;ケインズの政治学;ケインズの今日的な意義)

著者等紹介

スキデルスキー,ロバート[スキデルスキー,ロバート][Skidelsky,Robert]
ウォリック大学政治経済学名誉教授。ケインズ研究の第一人者であり、数々の学術賞を受賞した伝記を3冊執筆している。1991年に一代貴族に、1994年に英国学士院会員に選出された。アメリカの大手資産運用会社ジャヌス・キャピタル・マネジメントとロシアの大手通信会社システマJSFCの非常勤取締役も務める

山岡洋一[ヤマオカヨウイチ]
翻訳家。1949年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。