「人口減少経済」の新しい公式―「縮む世界」の発想とシステム

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532350956
  • NDC分類 334.31
  • Cコード C3033

内容説明

個人の生活から企業の経営、地域経済、政府のあり方まで、必要な変革を描き切る。

目次

第1章 変化は一挙に―迫る極大値後の世界
第2章 拡大から縮小へ―経営環境の激変
第3章 地方が豊かに―地域格差の縮小
第4章 小さな政府―公共サービスの見直し
第5章 豊かな社会―全体より個人
第6章 「人口減少経済」への羅針盤

著者等紹介

松谷明彦[マツタニアキヒコ]
政策研究大学院大学教授。専門はマクロ経済学、社会基盤学、財政学。1945年生まれ、大阪市出身。東京大学経済学部経済学科・同経営学科卒業。大蔵省主計局主計官、大臣官房審議官などを歴任。1997年より現職。2004年東京大学より博士(工学)の学位取得
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。