ネット興亡記―敗れざる者たち

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

ネット興亡記―敗れざる者たち

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年12月03日 14時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 760p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532323394
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

記事の更新日には、ツイッターでトレンド入り。
各所で絶賛された人気連載が待望の書籍化!

野望、歓喜、破壊と創造、裏切り、絶望、嫉妬、勝利と敗北、再起。
ある者は去り、ある者は踏みとどまった――。

本書はネット革命の荒波にもまれた起業家たちの苦悩と挑戦の軌跡を追った
熱きビジネスノンフィクションだ。

ヒルズ族の熱狂と衰退。
ライブドア事件とロケットでの再出発。
村上ファンドが仕掛けたワナ。
サイバー藤田氏が描いた夢。
iモードトリオの希望と挫折。
楽天の原点とジャック・マーの忠告。
ミクシィが見た天国と地獄。
「LINEの軍師」の戦略。
メルカリの野望と苦悩。
そして、ヤフー×LINE統合へ――

「平成」から「令和」への四半世紀にわたる人間ドラマを追い、
圧倒的な取材量と文章力で描き出す!

内容説明

異端児・堀江貴文とライブドア事件の真相。窮地の藤田晋を救った人物。敗者が生んだLINE。メルカリ創業者の凡人哲学。語られざる楽天誕生秘話。時代を駆け抜けた“若人たち”の熱き物語。日経電子版の人気連載を単行本化。

目次

「いつか全員黙らせたくて」―藤田晋、若き日の屈辱
インターネットをもたらした男―知られざる霞ヶ関との苦闘
iモード戦記―サラリーマンたちのモバイル革命
巨人ヤフーと若き革命児たちの物語
語られなかった楽天誕生秘話
アマゾン日本上陸
ギークとスーツ―堀江貴文と仲間たち
ライブドア、迫る破滅の足音
元祖SNS・ミクシィに立ちはだかった黒船
逆襲のLINE―敗者がつないだ物語
メルカリ創業者の長い旅
ネバー・ギブアップ―敗れざる者たち

著者等紹介

杉本貴司[スギモトタカシ]
日本経済新聞編集委員。1975年生、大阪府出身。京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。2002年、日本経済新聞社入社。産業部で電機、鉄鋼、自動車を担当し、2011年10月から米州総局(ニューヨーク)。2015年10月に帰国して通信やスタートアップを担当。2020年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

k5

75
技術的なことは一切書いてないなあ、と思いつつも、起業家たちの熱量は伝わってきます。Yahoo、楽天、Amazon、ライブドア、LINE、メルカリと日本のネット企業は一通り抑えている感じ。中でも改めて、WhatAppでもWeChatでもなくてLINEを使っている現実はすごいなあ、と思います。2021/05/11

kei-zu

29
YahooとLINEの統合が報道された。ネットビジネスの勢力図を塗り替える大きなニュースだが、本書を読んだいたので、なおのこと驚かせられた。 LINEは、かのライブドアの流れにあるし、ヤフーの母体であるソフトバンクは、常に挑戦者であるとともに、新興勢力からは警戒される巨人でもあった。 起業と合従連衡、その過程での失敗や旧知を頼っての復活。はた目には目まぐるしく見える業界の変化に、それでも特定のキーパーソンがいたことに驚かせられる。 そして、そのようなドラマは、現在も進行中なのだ。2021/03/06

ばんだねいっぺい

26
 藤田晋、ヤフージャパン、楽天、LINE、メルカリ、日本のインターネット業界のエネルギッシュな人々の躍動的な歩みを情感込めて描いた労作にして傑作。学校の本棚においてよいと思う。課題図書。2020/11/21

パラオ

19
無事読み終えることができました。これは歴史書です。今では当たり前になっているITサービスがどうやって作られていったか書かれています。そこに輝かしいドラマはありません。泥臭くカッコ悪い出来事の数々と栄枯盛衰。諦めずに夢を追いかけてきた人たちの執念が伝わってきました。サイバーエージェント、iモード、ヤフー、楽天、ライブドア、mixi、LINE、メルカリ…。自分たちが生きてきた90年代、2000年代の裏側ではこんなことが起きていたんだと知ることができました。2021/08/16

あっくん

18
藤森慎吾主演でドラマ化もされたノンフィクション大作です。経営に関心があるビジネスパーソンなら知っている有名な起業家たちの物語を、複数の導線で語っていきます。例えば藤田晋、三木谷浩史、堀江貴文、夏野剛、南場智子、川邊健太郎、宮坂学、笠原健治、山田進太郎…とIT企業で名を成した重鎮たちが綺羅星のごとく登場してきます。あの人とあの人にはこんな繋がりがあったのか!と驚くことばかり。そして気が付けば出てくる孫正義と村上世彰の存在感が凄い。インターネット黎明期に青春を過ごした人なら楽しめること間違いなし!2020/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15624683

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。