IPランドスケープ経営戦略

個数:
電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり

IPランドスケープ経営戦略

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784532322663
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3034

内容説明

経営と知財を結びつける「IPランドスケープ」。その概要から分析手法までを解説した決定版。

目次

第1部 知財経営を目覚めさせるIPランドスケープ(日本の「知財立国」は、うまくいっているのか;知財活用、日本と欧米との決定的な差とは;知財活用に欠かせない「IPランドスケープ」)
第2部 ケースで見るIPランドスケープ分析(ケース1 アップルのデザイン戦略を読み解く;ケース2 異業種からの脅威の分析―グーグル自動運転の実力;ケース3 競合他社の重点分野を読み解く―三井化学の注力先;ケース4 自社にない技術を探し、補完する―ミネベアとミツミのM&A;ケース5 優等企業の「次の一手」を予測する―ダイソンの意外な参入分野)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tata

1
他社ベンチマークの章を参照2021/07/31

hayataka

1
「オープン&クローズ戦略」、「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」といくつかの知財分析事例が合わさった内容。読者を実務者向けではなく、経営者や一般的なビジネスパーソンを想定するのであれば、分析事例はもう少しエッセンスを絞ると良い。「IPランドスケープ」という言葉はどんな文脈でも使われすぎている感じは否めないが、全般的にはよくまとまっていると思います。2019/03/27

やままま

0
久しぶりに1日で読んだ。面白い。前半で背景や概要について語られ、後半でケースにそって語られる。IPランドスケープについて網羅的に理解できるといって過言ではないかと。これを理解した上でネット旭化成における取り組みとかを読むとその苦労や先進性に納得感が増す。知財*DXの領域に興味がある人にとっては必読書。2021/03/09

TAKESHI YOSHIDA

0
知財担当と経営者とのコミニケーション。その過程が各社の事例をもとに紹介している部分がおもしろい。2019/07/08

K

0
「経営戦略」と「知財」に関して、海外(アメリカ)企業と日本企業の違い(差)や、日本企業の「IPランドスケープ」の取り組みの紹介等、内容が濃かった。2019/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13675117

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。