百貨店の進化

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

百貨店の進化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322564
  • NDC分類 673.8
  • Cコード C0034

出版社内容情報

百貨店はIT企業になるべきだ! 構造変化の先を読み、情報武装化する消費者に新しいライフスタイルを提供するための進化を問う。小売業は日本の経済社会の変化を顕著な形で映し出す鏡。経済成長、人口構造の変化、技術革新、グローバル化、消費者意識の変化など、日本の経済社会の根幹での変化は、すべて小売業の姿や形に強い影響を及ぼしてきました。百貨店もその例外ではありません。
百貨店は変化への対応を続けるだけの存在ではありません。優れた百貨店はこれから起きると予想される変化を先読みして、新たな動き提示するような存在でなくてはなりません。これから起きることを先取りして、新しいライフスタイルや消費の姿を消費者に提案する存在でなくてはならないのです。それができない百貨店は、時代遅れの存在として見捨てられることになります。
本書は、「百貨店は技術革新のユーザーではなく、IT企業になるべき」「B2CからC2Bへの転換」「外商・お帳場が重要」などの新しい視点を提供する本格的流通論。日本経済の最新動向を押さえた筆者ならではのユニークな議論が展開されます。

序 章 百貨店を通して日本社会の変化が見える

第1章 百貨店が直面する課題

第2章 情報化社会の中での百貨店

第3章 空間の魅力を最大化する

第4章 消費の変化への対応

第5章 経営革新は宿命

第6章 グローバル経済の中での百貨店

終 章 百貨店の新たな姿を模索する

伊藤 元重[イトウモトシゲ]
著・文・その他

内容説明

優れた百貨店はこれから起きると予想される変化を先読みして、新たな動きを提示するような存在でなくてはならない。百貨店が活力を持ち続けるためには、新しいライフスタイルや消費の姿を消費者に提案する存在でなくてはならない。それができない百貨店は、時代遅れの存在として見捨てられる。本書は、「百貨店は技術革新のユーザーではなく、IT企業になるべき」「B2CからC2Bへの転換」「外商・お帳場が重要」などの新しい視点を提供する本格的流通論。日本の経済社会の変化の特質を見極めた上で、それが好ましい将来の百貨店像にどう結びつくのか、そのあるべき姿を突き詰める。

目次

第1章 百貨店が直面する課題
第2章 情報化社会の中での百貨店
第3章 空間の魅力を最大化する
第4章 消費の変化への対応
第5章 経営革新は宿命
第6章 グローバル経済の中での百貨店
終章 百貨店の新たな姿を模索する

著者等紹介

伊藤元重[イトウモトシゲ]
学習院大学国際社会科学部教授、東京大学名誉教授。1951年静岡県出身、東京大学経済学部経済学科卒業、米国ヒューストン大学経済学部助教授、東京都立大学経済学部助教授、東京大学大学院経済学研究科教授、NIRA(総合研究開発機構)理事長などを経て2016年より現職。ロチェスター大学Ph.D。専門は国際経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

えいなえいな

19
百貨店の社員という訳ではないですが20年近く携わっています。当然百貨店の未来には関心があります。長年携わっているだけあって書かれていることは現場でよく耳にする事ばかりで、自分もある意味では専門家なのか、と嬉しくなったりしました。一つ分からないのは文章の途中にいきなりコラムが差し込まれていて、どうしてこんな作りにしたのかよく分かりません。2019/04/01

hk

18
00年代はモータリゼーションの進展に後押しされ郊外化の時代だった。だが同時に製造業からサービス産業への移行が加速して都市部への人口集中が加速した。つまり足元の日本では郊外化と都市化という真逆の事象が同時進行しているのだ。郊外化によって輝くのは郊外型ショッピングモールである。そして都市化によって輝きを取り戻せるかもしれないのが百貨店だ。本書はこの百貨店の歴史背景と現状を点検しながら、IT時代における百貨店の渡世術を模索している。「電子レシート」「スマホ画像認証商品購買アプリ」など新機軸の紹介がためになった。2019/04/01

さやか

13
読みやすく分かりやすい。小売業の中で百年以上続いているのは確かに百貨店だけ。自社製造するメーカーには、差別化やコスト削減のメリットがあるが、時代の変化の対応に苦労する。百貨店は差別化は難しいが、変化への対応力はある。だから長年続く。経営者がその変化に迅速に的確に動けるかが重要だが。新たな視点だった。 あとITへの対応。昔からある企業がそれに適応していくのと、ITがある程度発展してからできた企業が適応していくのとでは全然意味が違うということ。勉強になった。2019/03/27

エリナ松岡

12
百貨店のお話ですが、さすが経済学者、少し広い視野で書かれていて良い内容でした。百貨店の事業を立て直すのは、1ヶ所直せばよい、とか、大鉈を振えばよい、というのではなく、あらゆる方面を少しずつ変化・調整させていくのが良いように思えるので、その意味では新機軸というものはなくとも多面的に百貨店の現状を分析し、その部分ごとにやるべきことを再確認する本書のスタンスは正しいのではないかと思います。2019/04/27

あつ子

11
「百貨店の現場で見られる興味深い事例がバレンタインデーにおけるチョコレートの販売である。名古屋駅の高島屋では、このイベントで22億円のチョコレートが売れたという(2017年)」 …毎年すごい人出ですもん。この催事に顔を出すためだけに来日する有名パティシエさんもいるそう。 きっと百貨店はまだ大丈夫。たとえ先がないと言われる異業種であっても、他にやれることはたくさんあるに違いない。 「群れの行動」「時間の経済学(予算制約と時間制約)」等これらキーワードを意識しながら、日々の仕事をこなしていこうと思います。2020/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13418504

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。