「第四次産業革命」を生き抜く―ダボス会議が予測する混乱とチャンス

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

「第四次産業革命」を生き抜く―ダボス会議が予測する混乱とチャンス

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2019年10月19日 04時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 418p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322502
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

内容説明

波乱への備えは万全か?新技術の恩恵を人類が共有し無秩序と富の独占を避けるべく私たちにできることは何か。ダボス会議に集結する世界の知性が問う。

目次

第1部 第四次産業革命(第四次産業革命を定義する;点と点を結ぶ;技術に価値観を埋め込む;すべてのステークホルダーに権限委譲する)
第2部 テクノロジー、機会、破壊的変化(デジタル技術を拡大する;現実の世界を改革する;人間を改造する;環境を統合する)
結論 システム・リーダーシップ―第四次産業革命を形づくるために、あなたができること

著者等紹介

シュワブ,クラウス[シュワブ,クラウス] [Schwab,Klaus]
1938年生まれ、ラーベンスブルク(ドイツ)出身。官民両セクターの協力を通じて、世界の状況を改善していくことを目的とする国際機関、世界経済フォーラムの創設者であり、会長を務める。政界や財界の指導者のみならず、その他の最前線の社会的リーダーと関わりを持ち、世界や地域、各産業における課題解決を推進してきた。フリブール大学にて経済学博士号を最優等(summa cum laude)で取得したほか、スイス連邦工科大学にて工学博士号を、ハーバード大学ケネディスクールにて行政学修士号を取得。1972年にジュネーブ大学の最年少教授に就任。研究者として国内外にて数々の表彰を受け、ビジネス界でも数々の大企業の取締役として活躍した。また国連でも諮問委員を務めた。男女一人ずつの子供がいる。ジュネーブ在住

小川敏子[オガワトシコ]
翻訳家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部英文学科卒業。小説からノンフィクションまで幅広いジャンルで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AI、バイオテクノロジー、量子コンピュータ、新素材は、私たちの常識をどう壊すか?ダボス会議に集う世界的エリートが未来を予見。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件