ブレイクダウン・ザ・ウォール 環境、組織、年齢の壁を破る

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ブレイクダウン・ザ・ウォール 環境、組織、年齢の壁を破る

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2019年10月17日 02時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322267
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

ファッション・ビジネスの概念を日本に持ち込みアパレル業界のリーダー達に大きな影響を与えてきた著者が伝える人生の困難を乗り越えるための秘訣。

目次

第1章 未来は自分でつくるもの(キャリアをデザインする;人は自ら育つもの ほか)
第2章 家庭か仕事、選ぶ時代は終わった―環境の壁(「バランス」から「シナジー」へ;結婚というカルチャーショック ほか)
第3章 時代の変化を捉え、チャンスをつかもう―組織の壁(専門性で差別化を図る;コミットメントの宣言 ほか)
第4章 キャリアにゴールはない―年齢の壁(世界に通用する人材を育成する;いくつになっても学ぶべきことはある ほか)

著者等紹介

尾原蓉子[オハラヨウコ]
一般社団法人ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション名誉会長・創設者。金沢美術工芸大学大学院名誉客員教授。ハリウッド大学院大学特任教授。(株)AOKIホールディングス社外取締役。経済産業省ファッション政策懇談会座長。元・IFIビジネス・スクール学長。東京大学卒。米国F.I.T.(ニューヨーク州立Fashion Institute of Tecnology)卒。ハーバード・ビジネススクールAMP(Advanced Management Program)卒。米国ウッドベリー大学名誉芸術博士。受賞:2009年、米国F.I.T.から「生涯功労大賞」、毎日新聞社から「毎日ファッション大賞・鯨岡阿美子賞」など。主な職歴:1999-2009財団法人ファッション産業人材育成機構IFIビジネス・スクール学長。2008-2010(株)良品計画社外取締役など。主な公職:2006-2008経済産業省産業構造審議会繊維産業分科会委員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

結婚、出産、転勤、給料格差……無印良品の社外取締役などを勤めた著者が何歳でも現場の最前線で働くための仕事術を伝授する!ファーストリテイリング 柳井正氏 推薦! !

ファッション・ビジネスの概念を日本にもちこみ、ハーバード・ビジネススクール・ウーマン・オブザイヤーを受賞。数々の社外取締役などを勤めた著者が、人生の中で直面する壁の乗り越え方を伝授する!

★★★反響の声、続々!★★★

若い人たちに仕事への姿勢と取り組み方、創意工夫の楽しさを語っています。たと
え、壁があろうと『Break Downしよう』との確かなメッセージがふつふつと伝わって
きました。
―――元文部科学大臣 遠山敦子

壁を破れ…と言う一言にショック。現場の現実に立ちすくむ壁。志と現場の隔たりにに悩む壁。至るところにある経営の壁を破るのが経営者の役割。示唆に富んだ言葉が、経営のヒントになり糧になる良書。
―――松尾インターナショナル(株) 代表取締役社長 松尾憲久

女性活躍の指南書です。キャリアを目指す女性たちが、この本を読んで勇気と希望を持つことが出来るといいな、と思います。
―――元繊研新聞編集局長 中田輝雄


素晴らしいです。来春採用の新人君達に贈る事にします。
―――(株)フェリシモ社長 矢崎和彦

仕事をしていくうえで、それぞれのステージにおいて壁にぶつかっている方(男女問わず)に、キャリアと照らし合わせながらさまざまなことを考えるヒントを与えてくれる、誠実な激励にあふれています。
―――エッセイスト・服飾史家 中野香織

若い人たちに読ませたいです。多くの苦労もさらっと書かれていて、爽やかでエネルギーをもらえる本です。
―――NPO法人富士山測候所を活用する会 理事 土器屋由紀子

長期的視野で描かれてきたビジョン、想いなどが凝縮されており、とても心が熱くなり一気に読んでしまいました。
―――株式会社ICMG 30代 シニアコンサルタント 保田優衣

心が温かくなりました。こんな豊かな気持ちで仕事や人生に向かいたい、と思いました。どのページも興味を持って読み進められます。
―――営業(流通) 50代女性 


◎著者の提唱する「主体的なキャリア創り」とは、仕事で成功するだけではありません。人生の質を考えること、自己のアイデンティティを確立することも含まれます。不確実性の高い現代社会で働く人々は、偶然の出来事で人生が大きく変わりやすいです。本書では、就職、子育て、転勤、定年など人生の各ステージで直面する課題の解決策を提唱します。
多くのハードルを突破してきた著者だからこそ語れる、長い人生で目標を達成しながら働き続けるための仕事術を伝授します。

〈本書で登場する人〉
カルロス・ゴーン氏、南波智子氏、ヒラリー・クリントン氏、ルチアーノ・ベネトン氏……ほか

第1章 未来は自分でつくるもの

第2章 家庭か仕事、選ぶ時代は終わった――環境の壁

第3章 時代の変化を捉え、チャンスをつかもう――組織の壁

第4章 キャリアにゴールはない――年齢の壁

尾原 蓉子[オハラヨウコ]
著・文・その他