東芝事件総決算―会計と監査から解明する不正の実相

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

東芝事件総決算―会計と監査から解明する不正の実相

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月27日 04時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322212
  • NDC分類 542.067
  • Cコード C0034

出版社内容情報

東芝事件の難解な「不正のメカニズム」を平易に解説します。その手口を分析することで不祥事の発見に役立ちます。「パソコンのバイセル取引」「原子力事業の減損問題」「企業結合の会計処理」「取得価格配分手続」・・・全てが明らかに。
東芝の不正会計が、日本のどの会社でも起きるようなものだとすると、この事件の本質――会計や監査上の問題点――を理解しなければ、他山の石になりません。ただ、会計や監査の知識が乏しいビジネスパーソンにとっては、この事件は理解は困難です。
東芝事件は会計や監査に関する様々な問題を提起しましたが、この事件の特徴は、東芝から発表された情報のほか、関係者による通報などで、ほぼリアルタイムで事件が進行した点にあります。しかし、専門家でない読者はもちろん、メディアの報道でも曖昧な(平易すぎる)記述になっていることが、この事件に対するさらなる誤解を招く要因でした。

本書は、会計士の著者が、事件の発端から現在までを分析、平易な言葉で事件の本質を解説するもの。そこから、会計や監査の諸問題を明らかにしていきます。過去の経緯を振り返り、会計・監査面から様々な決算・財務情報を正確に分析、東芝事件の総決算を行います。

第1章 発覚した会計不正

第2章 第三者委員会が指摘した4つの事案

第3章 ウェスチングハウスの買収

第4章 取り消されていた減損

第5章 原発工事会社の買収と運転資本不足

第6章 巨額減損の発表

第7章 ウェスチングハウスの破綻と連結除外

第8章 結論不表明と限定付き適正意見

第9章 債務超過回避策と危機の収束
 
第10章 上場廃止にしなかった東証の判断

久保 惠一[クボケイイチ]
著・文・その他

目次

第1章 発覚した会計不全
第2章 第三者委員会が指摘した4つの事案
第3章 ウェスチングハウスの買収
第4章 取り消されていた減損
第5章 原発工事会社の買収と運転資本不足
第6章 巨額減損の発表
第7章 ウェスチングハウスの破綻と連結除外
第8章 結論不表明と限定付き適正意見
第9章 債務超過回避策と危機の収束
第10章 上場廃止にしなかった東証の判断

著者等紹介

久保惠一[クボケイイチ]
公認会計士、カナダ勅許会計士(ブリティッシュコロンビア州)。1953年生まれ、76年大阪大学経済学部卒。有限責任監査法人トーマツのボードメンバー、デロイトトーマツリスクサービス社長、トーマツ企業リスク研究所所長を歴任。宣誓書及び上場会社の適時開示に関する研究会委員(東証)、原子力施設安全情報申告調査委員会委員(原子力安全保安院)など経済産業省、総務省関係の委員を多く務め、大手信販会社の総会屋利益供与事件の社内調査、信用情報機関の個人情報漏洩事件の社内調査、東京2020オリンピック・パラリンピック招致に関わる海外支払の調査にも関与。中央大学大学院国際会計研究科客員教授として内部統制の講座を担当し、大手企業の役員コンプライアンス研修などのセミナー講師を多数務めた。ビズサプリ(会計系コンサルティング会社)パートナー、TXアントレプレナーパートナーズ理事、ベンチャー企業の社外取締役に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

2
会計の視点から東芝の凋落を分析。できるだけ平易に解説すると謳っているが、金融事業に従事する小生が読んでも若干難解。致し方ないとは思うが。。。明らかなのは、東芝が粉飾とはいえないものの、極めて不誠実な会計計上を行っていたという事実。適時適切に、投資家の利益に鑑みて会計処理を行っていれば、ある日突然ウエスチングハウスの減損処理が表に出て多額の損失を投資家に与えることは無かっただろう。子会社とのBuy-Sell取引で極めて不適切に利益を嵩上げしていた事実等、凋落の顛末が良くわかる内容にまとまっている。2018/11/30

しろたん

2
東芝のWEC問題の会計処理を調べろと言う無茶振りの課題に取り組むにあたり、とても役に立ちました。東芝問題を語る本は他にもありますが、純粋に会計実務の面から切り込んでいるのは他にないと思うのでとても勉強になります。2018/10/28

すみ坊

2
公表資料のみ使い、会計監査の面から何が言えるか、を突き詰めた分析図書。全体の7割はウェスチングハウスを巡る攻防…今だからこそ言えるんだろうが、当時どれだけの人が分かっていたかなぁ、いや絶対に分からないだろうなぁ…2018/10/17

Akxvigs

1
公開情報のみの分析だがそれなりに読み応えがあった。会計や市場制度についての説明が丁寧で良い。それにしても経営者の無能ぶり…そして不誠実な情報開示…企業がダメになったとき振り返ると必ずこの2つがある。2018/12/15

メリクル

1
決算書だけを順番に辿っていったような感じで、原発事業をどう位置づけようとしてたかみたいな話は書いてない。 「~だと思います」っていう文の書き方がやたらと多くて、それだけで胡散臭く感じてしまう。2018/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12908418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。