ソーシャルメディア四半世紀―情報資本主義に飲み込まれる時間とコンテンツ

個数:
電子版価格 ¥3,520
  • 電書あり

ソーシャルメディア四半世紀―情報資本主義に飲み込まれる時間とコンテンツ

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年10月23日 19時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 541p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532322182
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C0034

内容説明

ブログ、クチコミサイト、SNS、ソーシャルゲーム―。かつて夢見たウェブの進化は、どこへ向かったのか?日本のソーシャルメディア25年間を振り返る壮大な記録!これからの社会+ビジネス+メディアへの指針となる、いちばん新しいインターネットの歴史書!

目次

前史と最初期のユーザーサイト
第1部 2001年思想を持ったスモールメディア(ユーザーサイトはこうして生まれた;ネットで儲けられない ほか)
第2部 2005年ユーザーサイト・アズ・ア・ビッグビジネス(チープレボリューションと収益化;ユーザーサイト起業ブーム―ブログ、SNS、ウェブ2・0 ほか)
第3部 2010年ユーザーサイトの黄金期=メディアとしての衰退前夜(オリジナル投稿の黄金期;何で稼ぎ、大きくなるのか―事業の再構築と成長戦略 ほか)
第4部 2015年メディアから仕組みへの助走(サービスの寡占、ウェブの身内化;「調べる」から「見る」へ―スマートフォン時代のユーザーサイト ほか)
第5部 結論、そして2018年の風景から情報ネットワーク社会を設計する(ユーザーコンテンツのこれまで、これから;メディア利用がもたらす格差の拡大 ほか)

著者等紹介

佐々木裕一[ササキユウイチ]
1968年生まれ。1992年一橋大学社会学部卒業。学部時代にフランス高等商業学院(HEC)に給費留学。2009年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。電通での消費財マーケティング・コミュニケーション戦略立案、アーサー・D・リトル・ジャパンとNTTデータ経営研究所での製造業・情報サービス業の全社戦略策定、スタートアップ企業への投資などの業務を経験し、大学教員に。2011年~2013年カリフォルニア大学サンディエゴ校訪問研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

著名ネット起業家の声からソーシャルメディアの25年間を振り返る!ウェブ+メディア+コンテンツ+ビジネスを考える上での必読書。ウェブ日記、ブログ、口コミサイト、SNS、ソーシャルゲーム――。
かつて夢に見たウェブの進化はどこへ向かったのか?

価格.com、@cosme、はてな、食べログ、GREE、mixi、pixiv、etc..
著名ネット起業家の声から国内ソーシャルメディアの25年間を振り返る壮大な記録!
国内ソーシャルメディア企業の「これまで」を俯瞰し、「これから」のネット関連ビジネス+社会+メディアの羅針盤となる、いちばん新しいインターネットの歴史書!

◆気鋭の情報社会学者が2001年から5年おきに計4回、国内主要ネットメディア企業に行った定性調査から各社のユーザーコンテンツ(UGM)事業の勃興盛衰を詳述したネットの産業史的な色合いもある作品。

◆対象事業者は、価格.com、@cosme、はてな、食べログ、グリー、mixi、ニコニコ動画、pixiv、レストランガイド、みんなの就職、映画生活等を含む。取材対象者は、@コスメ吉松徹郎、グリー田中良和、はてな近藤淳也、メルカリ山田進太郎ほか著名起業家たち約50人。

◆2001年当初は書き手の自由な書き込みによるウェブ日記、テキストサイトの時代、ユーザーコミュニティ、口コミサイト、SNSなど規模拡大により、運営方法、収益構造も変わり、コンテンツの質よりも量が優先され、大半のサイトは、広告収益に依存する体質となり、2010年代はプラットフォームビジネス化、ECとの連携が進んでいったという経緯が各サイトの栄枯盛衰とともに理解できる。

第1章 前史と最初期のユーザーサイト

 第1部 2001年 思想を持ったスモールメディア
第2章 ユーザーサイトはこうして生まれた

第3章 ネットで儲けられない

第4章 ユーザーへの姿勢とNPO的運営

 第2部 2005年 ユーザーサイト・アズ・ア・ビッグビジネス
第5章 チープレボリューションと収益化

第6章 ユーザーサイト起業ブーム?ブログ、SNS、ウェブ2.0

第7章 インターネット広告の産業化

第8章 ユーザーコンテンツで稼ぐ術

 第3部 2010年 ユーザーサイトの黄金期=メディアとしての衰退前夜
第9章 オリジナル投稿の黄金期

第10章 何で稼ぎ、大きくなるのか?事業の再構築と成長戦略

第11章 ソーシャルゲームと個人課金

 第4部 2015年 メディアから仕組みへの助走
第12章 サービスの寡占、ウェブの身内化

第13章 「調べる」から「見る」へ?スマートフォン時代のユーザーサイト

第14章 仕組みとなりモノやコトと関わる

 第5部 結論、そして2018年の風景から情報ネットワーク社会を設計する
第15章 ユーザーコンテンツのこれまで、これから

第16章 メディア利用がもたらす格差の拡大

第17章 巨大プラットフォーム企業の現在

第18章 情報ネットワーク社会の設計

佐々木 裕一[ササキユウイチ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件