AI経理 良い合理化 最悪の自動化

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

AI経理 良い合理化 最悪の自動化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月26日 16時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322137
  • NDC分類 336.919
  • Cコード C0034

出版社内容情報

「AIで経理は全て自動化できる」と考える会社ほど危ない! “経理のご意見番”が合理化のツボと経理人のあり方を実践的に解説。◆成長が止まっている会社ほど、経理の人員が減っていく!
 AIに代替される可能性が高い業務のひとつと言われる経理。しかし、それは経理という機能を数字処理の部門としかとらえていないからです。そもそもすべての業務にその場その場での判断を要求される「例外的な処理」が必須で、しかもそれが経営に及ぼす影響も大きい。「AIでなくなる仕事」を予測する研究機関や学者たちは、実際の企業で働く経験に乏しく、ステレオタイプな経営しか見ていないのです。
 実は「成長が止まっている会社ほど、経理の人員が減っていく」という法則があるのをご存じでしょうか。これは、フリーの(流しの)経理マンとして、複数の企業の経理部長やアドバイザーを務める筆者が、経験から割り出したもの。成長している会社ほど、経理に求められる資料や判断が増え、また、経理による不正監視機能も働いているのです。

◆AIは「方法」でなく「手段」である
 現状で開発・導入が進められているAIを活用した会計ソフトの目的は「事務員を減らす」=「売上を持たない部署のコストを減らす」の1点に尽きます。しかし、それは遠からず限界が来るでしょう。本来は、売上・利益も伸ばしていくようなAIの使い方も同時にしていかないと、やがて企業は弱体化することになるからです。
 本書は、AIの技術をコスト削減のような「ネガティブ要素」だけに使うのではなく、売上・利益の伸長といった「ポジティブ要素」にも使うという発想で、この問題をとらえ、そこで活躍する経理のあり方を再評価するもの。これまでの著書で多くの共感を呼んできた筆者が、その哲学をベースに、AIという新しいツールに経営者や経理社員はどのように向き合い、使いこなし、自身や会社をスキルアップさせていくべきか、様々な経験を織り交ぜ詳述します。

第1章 経理業界とAI業界の内実

第2章 経理業務に対する認識違い
  
第3章 経理を完全自動化させるためにクリアしなければならない具体的な課題

第4章 経理がAIを活用して本来目指すべき方向性はこれだ

第5章 AIに席を奪われるのはどんな社員か?

第6章 社長の「良き」「善き」パートナーとなるAI
  
第7章 経理社員がAIと共存するために必要な能力

前田 康二郎[マエダコウジロウ]
著・文・その他

内容説明

成長が止まる会社ほど、経理の人員は減っていく!売上・利益が伸びるポジティブな循環をつくるのは、数字処理人ではなくプロの経理人です。

目次

第1章 経理業界とAI業界の内実
第2章 経理業務に対する認識違い
第3章 経理を完全自動化させるためにクリアしなければならない具体的な課題
第4章 経理がAIを活用して本来目指すべき方向性はこれだ
第5章 AIに席を奪われるのはどんな社員か?
第6章 社長の「良き」「善き」パートナーとなるAI
第7章 経理社員がAIと共存するために必要な能力

著者等紹介

前田康二郎[マエダコウジロウ]
1973年生まれ。学習院大学経済学部卒。数社の民間企業で経理・IPO業務を中心とした管理業務、また海外での駐在業務を経て、2011年に独立。フリーランスの経理として、経理業務や利益を生む組織改善の提案を中心に活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いたろう

53
AI導入で真っ先になくなる仕事は、経理だと言われている。それに対して筆者は、経理にはAIにはできない不定形な判断業務があり、それこそが経理社員の価値であると言う。確かにそのとおりであろう。かつて、そろばんが唯一の武器だった経理社員が、電卓、更にはPCの普及で、何の価値もなくなってしまったように、AIでもできる仕事しかできない社員が干されていくのは間違いない。AIに立場を奪われるのではなく、AIを使って、いかに新たな付加価値を生み出すか。それは何も経理だけにとどまらない、すべての仕事に当てはまる真理だろう。2018/09/13

ウィズ

4
経理にだってクリエイティビティが必要だ。どの仕事にも、単純作業とクリエイティブな作業がある。単純作業の中からクリエイティブなものを見つけて実践し、クリエイティブなものの中から単純作業を見つけ出して機械に任せる。こんな姿勢が重要になってくるのかもしれない。2019/04/26

とこ

2
正確で速いAIもグレーゾーンの判断やセンス、コミュニケーション力を持てないうちは人間に完全に代替することはできない。ただ技術の進歩は圧倒的だろうと思う。2019/02/10

ほけっち@マルポテ

0
AIとどう向き合う方。単なる合理化ではなく、仕事の在り方そのものについての提言。 ◆生産性を高めるには、経理が新規ビジネスを始めるべき ⇒どの部分か提言し、数値化していくマインドを持つ。 ◆AIには、作業パターンを徹底マスターさせ、いかに、手持ちの資源で、最大化できるか、検討すべき。 ⇒経理に、分析、解析力が求められる。 ◆自己啓発が、経理にも求められる。《マネジメント》《モチベーション》 マイナスを押し付けるのではなく、AIをどう生かすか。ステージの変化とともに、人間の進化も求められている気がします。2020/01/08

fuzziiko

0
そもそもAIとは何ぞやという問いに踏み込んで書かれてない印象で概念的な解説にとどまっており、消化不良な内容である。それでも、経理財務の仕事において、システマチックな考え方で捉えることの有用性は 本書を読む事で理解を得られるかとは思う。☆2つ2020/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12912382

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。