変わる株主総会

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

変わる株主総会

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322076
  • NDC分類 325.243
  • Cコード C0034

出版社内容情報

コーポレートガバナンスの変革に伴い見直しが求められる株主総会実務。招集から運営、今後の法改正まで、第一線の実務家が徹底解説。「最もイヤなイベント」を「支援者づくりの場」に変える。
ガバナンス時代の株主対応のポイントを第一人者が解説する役員・担当者必携の一冊!

◆機関投資家など新しい株主とどう向き合うか
コーポレートガバナンスコード、スチュワードシップコードの導入を機に一気に加速する、ガバナンス改革。そのなかで、いま、企業は株主とどう向き合うべきかに苦悩しています。総会屋排除、持合の解消ののち、各コード対応に追われながら、従来の安定株主に変わる機関投資家との対峙を求められているからです。同時に、アクティビストへの対応にも神経を使わなければなりません。
こうしていま、大きく変わり始めた株主総会は、上場企業の役員にとって最重要イベントの1つ。しかし、本音を言うと「最もイヤなイベント」と筆者らに漏らす経営者が実に多いといいます。

◆経営者向け実践セミナーをベースに書籍化
本書は、そうした経営者向けに、日本を代表する大手法律事務所が2018年1月に実施する会社法セミナー「変わる株主総会」での講演・議論をもとに、コーポレートガバナンス時代の株主総会をどのように進めていくべきかをまとめる「変革期の株主総会マニュアル」。
従来の6月に代わって検討されている7月総会やヴァーチャル総会の開催など新しい動きもフォローしながら、招集通知のあり方から、当日の運営や質疑、プロキシーファイトや否決リスクへの対応、アクティビストの動向など、実践的なアドバイスを提供します。
執筆陣は、企業が選ぶ弁護士ランキングでトップテンに入る澤口実弁護士(2016年2位)を中心に、菊池伸弁護士(2017年5位)、石綿学弁護士(同5位)、松井秀樹弁護士(2016年10位)などで構成します。

第1章 変わる株主総会

第2章 招集通知・SRの新しいトレンド

第3章 総会当日運営、質疑応答の新しいトレンド

第4章 投資家・助言会社の議決権行使と助言の分析

第5章 プロキシーファイトや否決リスクへの対応

第6章 アクティビストの動向

第7章 次期会社法改正と総会

第8章 コーポレートガバナンス・コードと総会

第9章 役員報酬と株主総会

第10章 フェア・ディスクロージャー・ルール

第11章 7月総会・ヴァーチャル総会

第12章 パネルディスカッション 変わる株主総会

森・濱田松本法律事務所[モリハマダマツモトホウリツジムショ]
著・文・その他/編集

目次

変わる株主総会
招集通知・SRの新しいトレンド
総会当日運営、質疑応答の新しいトレンド
投資家・助言会社の議決権行使と助言の分析
プロキシーファイトや否決リスクへの対応
アクティビストの動向
次期会社法改正と総会
コーポレートガバナンス・コードと総会
役員報酬と株主総会
フェア・ディスクロージャー・ルール〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲオルギオ・ハーン

24
90年代は株主総会といえば「総会屋対策」だったそうですが、今は「コーポレートガバナンス」へ向けて制度の整備が進んでいます。私が学生の頃からすでに総会屋対策は昔話になっており、ステークホルダーやコーポレートガバナンスの方が親しみ深い単語でしたが、当時と比べると本書で紹介される制度やアクティビスト、機関投資家の行動指針が随分と明確化しているように読めました。あとは株主との対話を重視しつつも来場者へのお土産はやめているところが多く、ネットを活用したヴァーチャル総会への取組も進んでいます。2021/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12786763

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。