決算書で読むヤバい本業 伸びる副業

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

決算書で読むヤバい本業 伸びる副業

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532322052
  • NDC分類 336.92
  • Cコード C0034

出版社内容情報

利益を出し続ける企業は、時代に合わせて「稼ぐ事業」を変えていた。実際の決算書で見抜く、企業の生き残り戦略!ソフトバンク、アマゾン、ベネッセ、HIS……
「生き残る会社」は、時代にあわせて稼ぐ事業を変えていた。
決算書で見抜くあの企業が儲かる理由!

◆決算書は企業戦略を写す鏡。本書は、経営環境の激変を受けて、自らの姿を変え続ける企業を分析するための「決算書の読み方」について解説。なぜ、その事業を選んだのか、そのビジネスでどう稼ぐのか。リスクや将来性を見通すには……実際の決算書を使いながら、ポイントを押さえてわかりやすく説明します。

◆ソフト流通からブロードバンド・携帯、そして投資会社へと変わり続けるソフトバンク。先行投資で赤字のEコマース事業をクラウドで支えるアマゾン。少子化で減収に悩む教育産業から介護へと軸足を移すベネッセ。ネット時代に、あえて「変なホテル」「ハウステンボス」などのリアルで稼ぐHIS。本書で取り上げるのは、最近話題の企業・ケースがメインです。興味深く読み進めながら、安全性・成長性分析、時系列・業種間比較、業界特有の指標といった、ひととおりの経営分析の基本知識を身に付けることができます。

◆初心者でもわかるよう、実際の決算書のデータを使いながら、注目のポイントや見方を解説。前作の『ヤバい決算書』のように丁寧な解説をこころがけます。

本書で取り上げる企業・・・アマゾン、楽天、ソフトバンク、富士フイルム、日立造船、H.I.S、ベネッセHD、サッポロHD、イオン、ライン、クックパッド、フジ・メディアなど。

長谷川 正人[ハセガワマサト]
著・文・その他

内容説明

アマゾンの稼ぎ頭はEコマースではなかった?!プロが必ず見る決算書のポイントを解説。

目次

序章 あなたの知らないソフトバンクの姿
1章 本業消滅!生き延びるために変身―富士フイルム&日立造船
2章 セグメントに表れる意外な素顔―アマゾン&HIS&ベネッセ
3章 「金融」を柱に、変わる経営指標―楽天&イオン
4章 「不動産」が救う!?低迷する本業―サッポロ&フジ・メディア
5章 「無料」戦略は、決算書にこう映る―LINE&クックパッド

著者等紹介

長谷川正人[ハセガワマサト]
大手コンサルティング会社上席コンサルタント。日本証券アナリスト協会検定会員。滋賀大学大学院経済学研究科客員教授。日経CNBC「けいざい豆知識『イチマメ』」にて会計・財務分野の解説者(2014年~2016年)。1958年東京生まれ。1981年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業し、同年、大手コンサルティング会社に入社。これまで市場調査業務、証券アナリスト業務、経営コンサルティング業務、財務研修講師業務等に従事。会計・財務に関わる研修・講演を勤務先の若手コンサルタント、大手企業ビジネスマン、大学院生など多数に展開するほか、テレビ番組で解説者もつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろび

10
会計学初心者の私はとても面白く読んだ。実際の決算書を解説してソフトバンク、アマゾン、ベネッセ、イオン、楽天、富士フイルム、サッポロなどよく知っている会社がイメージとは違うセグメントで収益を出していることに驚いた。一般的に知られているセグメントは利益率が低いことが多いようだ。再読しながら、公開されているIR情報を読もうと思う。2019/01/05

Zing

3
有名企業の決算書をカテゴリー分けして説明した本。 実例の説明なので、具体的で分かりやすかった。 FCFなどの見方も軽く勉強できた。2019/05/18

3
タイトルでとても損している本。企業の決算書を学びたい、私のような初心者にはかなりお薦めする。HISやサッポロ、TBSの稼ぐ副業や、楽天の今後の戦略、ソフトバンクの躍進の理由を決算書から読み解く方法が分かる良書。2018/06/22

aun

2
決算書を読むのはやはり面白い。フジテレビのセグメントはなかなか新鮮だった。2019/09/04

2
新しい本なので、決算書を通じた企業の生の動きがわかって面白かった。セグメントごとに見ていくことが大事。類書あれば読んでみたい。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12767710

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。