女性市場攻略法―生活者市場予測が示す広がる消費、縮む消費

個数:

女性市場攻略法―生活者市場予測が示す広がる消費、縮む消費

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月21日 15時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784532321444
  • NDC分類 675.2
  • Cコード C3034

出版社内容情報

女性が成長させた消費、衰退させた消費を3万人、2000設問の調査から解明する、マーケティング関係者必読の新市場開拓のガイド。●実はその消費、女性が拡大させています!
働く女性に車利用が拡大、一眼レフカメラに熱中する女性、ワーキングマザーがビール消費をけん引、ウコンエキスは働く女性の必須アイテム、チューハイ、サワーはすでに女性の飲み物、携帯電話ゲーム(GREE、モバゲー)が女性に広がる、熱心に画像・音声をダウンロードするのは女性――。おとこ目線で攻略作戦が立てられていた市場の牽引役は実は女性という市場が数多くなっています。
その一方で、化粧品への関心低下、女子会ブーム終焉、雑誌離れは女性の方が深刻、「甘い」「口当たりのよい」「美容に良い」は女子のお酒の選択基準ではない、「自分へのご褒美」消費の消滅など、女性市場攻略のキーワードが全く的外れにもなっています。
東日本大震災以後の5年間で拡大した市場、衰退した市場の陰に常に存在しているのが女性消費者。彼女たちの行動を錯覚すると市場攻略はおぼつきません。
本書は、三菱総合研究所が2011年8月末に開始した「生活者市場予測システム」に基づいて、女性主導の消費の意外な因果関係、知られざるマーケットを明らかにするもの。 「生活者市場予測システム」は、3万人、2千設問というかつてない日本最大規模の生活者情報の分析にもとづく多くのマーケティング関係者にとっても有益な情報を提供する。
シングルの「住まい」のニーズが変わるサービスを増やし来店頻度を高める(コンビニ)、「女性用」を売りにしない(一眼レフカメラ)、祖父母を巻き込み「三世代」需要を獲得(テーマパーク)、所有からシェアへ(エアークローゼット)など、女性駆動の市場を攻略するための方策も提供します。

序 章 “年齢”だけで女性市場を読み解く時代は終わった

第1章 成長――“オトコ”市場を女性が拡大

第2章 錯覚――“従来”の女性市場が縮小を始めた

第3章 変質――女性市場の“主役”が変わった

第4章 予兆――女性市場の“新たな需要”が見えてきた

終 章 “3つの大転換”が市場の未来を変える

三菱総合研究所[ミツビシソウゴウケンキュウジョ]
日本を代表する総合シンクタンク。
世の中の課題を解決し、よりよい社会を実現するために、課題解決の提言から実行までを手掛ける「Think&Act(構想し、実現する)」を標榜。1970年の創業以来、企業経営、インフラ整備、教育、医療、福祉、環境、資源、エネルギー、安全防災、先端科学技術、ICTなどさまざまな分野で、次代を牽引する役割を担っている。政策・公共部門、企業・経営部門、研究・開発部門の3つの部門からなり、科学技術系を中心に約750名の研究員を擁する。

内容説明

車、一眼レフカメラ、ビール、ウコンエキス、携帯電話ゲームの消費を引っ張っているのは実は女性。その一方で、化粧品への関心低下、女子会ブーム終焉、「自分へのご褒美」消費の消滅など、女性市場攻略のキーワードが的外れにもなっているものも多い。三万人、二千設問という日本最大規模の生活者情報の分析に基づいて、女性駆動の市場を攻略する方策を提供する。

目次

序章 “年齢”だけで女性市場を読み解く時代は終わった
第1章 成長―“オトコ”市場を女性が拡大
第2章 錯覚―“従来”の女性市場が縮小を始めた
第3章 変質―女性市場の“主役”が変わった
第4章 予兆―女性市場の“新たな需要”が見えてきた
終章 “3つの大転換”が市場の未来を変える

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

19
#可能歌 女性市場攻略方法後追い感先端発信予測先導 ワーキングマザーシングルDinksと年代分類口コミ見えず2017/09/26

Tomomi

3
専業主婦希望の女性が多いが、ワーキングマザーの方が幸福度は高く、専業主婦は孤独化が懸念されている、とのことで、働き方が変わっていけばなおさらでしょうね。2017/07/07

kum

3
ところどころムリヤリ感ある分析も含め、なるほどーと思うところも多かった。女性をここまで細分化してあらゆるデータを出している本は少ないのでは。企業の課題第1位は『女性の意識や感覚に対する理解が不十分』そのとおり。2017/04/28

ぶた。

1
分析がなく、アンケートの結果を記載しているだけ。だから前後のアンケート結果が矛盾している。一番笑ったのが、「分類された女性の中で、ワーキングマザーは忙しく、ゲームする時間も自分のための時間もない。」ということ。あくまでも「3年前のデータ」として読むだけにとどめる。2019/01/02

Risa Shimowada

1
書評で新しいビジネスのタネを考えられると絶賛されてたので読んでみたが、全然面白く感じなかった。女性市場でのビジネスに興味が無いのか、同性ゆえの嫌悪感なのか。 女性・男性という切り口での見方が好きでないのかもしれない。2017/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11588796

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。