日経業界地図〈2017年版〉

電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日経業界地図〈2017年版〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 301p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784532321031
  • NDC分類 335.5
  • Cコード C0034

出版社内容情報

業界に精通した日経新聞記者が、総力を挙げて執筆
就活生から投資家まで、信頼度No.1の必携書!!業界に精通した日経新聞の精鋭記者が、総力を挙げて執筆!
180業界の全体像がひと目でわかる決定版。

■他誌を圧倒する情報量と信頼性!
・各業界の提携・勢力関係等をビジュアルに解説
・「基礎知識」「最近の動向」で、業界の基本が1分でわかる!
・「業界天気図」「注目企業の成長戦略」「今後の焦点」で、未来が読める!
・「売上高」「初任給」「従業員数」「平均年齢」で、会社の姿が見える!

ビジネスに、就活に、投資に、眺めて楽しい必携のデータブック

■就活に役立つとじこみ冊子付き!
「日本経済の10大ニュース」「いま知っておくべきキーワード10」を凝縮して一冊に。
取り外せるので、面接前やスキマ時間の読書にも。

■今の注目テーマをわかりやすく解説!
「フィンテック」「VR(バーチャル・リアリティ)」「電力小売り自由化」「人工知能(AI)」「動画配信サービス」「後発医薬品」など、
知っておきたいテーマの全体像も詳細に教えます。

■充実の巻頭特集!
●1「トップ・コンサルタントが教える 2020年、成長を読むカギ」
BCG/ベイン/A.T. カーニー/ローランド・ベルガー/アクセンチュア
――日本を代表するコンサルタントが、2020年へ向けた注目テーマを解説!
●2「業界研究のキホン」
売上高と利益のちがいって? 出資とか子会社化ってどういうこと?
「人気ランキング」には頼らない、優良企業の見つけ方って?
――業界研究・会社研究の基本と『業界地図』の使いこなし方を指南!
●3「世界・国内シェア調査157品目」
自動車、テレビ、洗濯機からパソコン、スマホ、コンビニ、カフェ、化粧品、牛丼チェーンまで、全157品目のシェアを一挙掲載! 読めるのはここだけ!
●4「人を活かす会社ランキング」
――「育児・介護」「雇用環境」などの軸から日経が算出した、“働きやすい会社”上位200社を掲載!

■電子書籍がついてくる!
書籍の購入者全員に、電子書籍版をセットでご提供。スマホやタブレット、PCで、いつでもどこでも読めます。



巻頭特集1 トップ・コンサルタントが教える
      2020年、成長を読むカギ

巻頭特集2 「業界研究」のキホン

巻頭特集3 世界No.1企業はここだ!
      世界シェア55品目
      日本No.1企業はここだ!
      日本シェア102品目

巻頭特集4 働きやすい企業をさがせ!
      「人を活かす会社」ランキング

注目業界・テーマ
  ・フィンテック
  ・VR(バーチャル・リアリティ)
  ・人工知能(AI)
  ・電力小売り自由化
  ・IoT
     ほか

自動車・機械・造船

電機・精密・通信

環境

エンタメ・メディア・コンテンツ

素材

医薬・食品

流通・小売

専門店

運輸

エネルギー・資源

建設・不動産関連

金融

サービス

その他

企業グループ


とじこみ冊子 「日本経済の10大ニュース」

日本経済新聞社[ニホンケイザイシンブンシャ]

内容説明

「基礎知識」「最近の動向」で、業界の基本が1分でわかる!「業界天気図」「注目企業の成長戦略」「今後の焦点」で、未来が読める!「売上高」「初任給」「従業員数」「平均年齢」で、会社の姿が見える!

目次

巻頭特集(トップ・コンサルタントが教える2020年、成長を読むカギ;「業界研究」のキホン;世界No.1企業はここだ!世界シェア55品目;日本No.1企業はここだ!日本シェア102品目;働きやすい企業をさがせ!「人を活かす会社」ランキング)
注目業界・テーマ
自動車・機械・造船
電機・精密・通信
環境
エンタメ・メディア・コンテンツ
素材
医薬・食品
流通・小売
専門店
運輸
エネルギー・資源
建設・不動産関連
金融
サービス
その他
企業グループ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Miz

7
お勉強の意味で手に取ったが、ボンヤリ見ていても、面白いですね。こういうデータ集的なものって、新しい発見や認識違いが解って結構好きです。2017/06/22

2
日本経済の10大ニュースは懐かしさもある。この本は購入したが、売り忘れていたのでいつか売ろうと思う。IT関連や造船、鉄鋼業などは今と比べると変化があるのがわかる。そして、内需が厳しく、M&Aも加速している。2020/01/06

ミヒャエル・安吾

2
株式投資のために2017/03/13

1
どの会社も厳しい。『昔は世界首位だった』けれど。日本なんか縮小市場なんだから。世界↔世界の会社じゃないと、海外企業にとっくに買収された20年後『日本は儲からない。日本人社員は減らしたい。だからあなたは辞めてね』とリストラの可能性高し。社会人ですらない学生は、そもそも業界研究(未来予想)などできるわけもなく、不憫。コンサルタントがセミナーで『この業界はもうダメです』と言おうものなら、名誉毀損だし。大企業でも安心できない、は違っていて、大企業だからこそ安心できない。社歴の長いもの=古いものは淘汰されていく。2017/01/28

Code

1
業界マップの本。各業界の企業のシェアをグラフを使って分かりやすく配置されています。就職活動や企業関係の概要を知りたい方にはオススメです。2016/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11159160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。