点検ガバナンス大改革―年金・機関投資家が問う、ニッポンの企業価値

個数:

点検ガバナンス大改革―年金・機関投資家が問う、ニッポンの企業価値

  • ウェブストアに142冊在庫がございます。(2016年09月27日 10時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320935
  • NDC分類 335.21

内容説明

鳴り物入りで始まった“安倍政権・ガバナンス改革”。日本企業はどう変わり、何を積み残したのか。ESG、集団的エンゲージメント、アクティビスト―。年金・機関投資家が新たな変革を迫る。

目次

第1章 ガバナンスは変わったか(企業に押し寄せる大波―「集団的エンゲージメント」「ESG」など続々;ガバナンス大改革の理想と現実)
第2章 問われた経営戦略と資本コスト(「ROE至上主義」の死角;ガバナンスを機能させる条件(ケーススタディー)オムロン
「日本版コーポレートがバナンス」の紆余曲折
ある社外取締役のガバナンス奮闘記)
第3章 エンゲージメントの現場から(広がる「対話」―浮き彫りになる格差 編集部座談会;それでも山は動き出した―運用会社らが明かした活動ぶりと本音(「スチュワードシップ・コードへの対応および投資先企業に対する『対話』についてのアンケート」から)
「対話」が生んだ新戦略の軌跡(ケーススタディー)サンゲツ)
第4章 機関投資家―その実像と実力(アクティビストが導く企業改革;「対話」を謳う運用戦略、その真価)
第5章 動き出した市場の巨人「年金基金」(GPIFなど公的年金が旗を振る「ESG投資」;「共同エンゲージメント」で増す交渉力(ケーススタディー)企業年金連合会
年金基金はこう動く―日本版スチュワードシップ・コードへの署名 企業年金の2割強が検討)

出版社内容情報

「株式会社ニッポン」は安倍政権のガバナンス改革で、どう生まれ変わったのか。年金・機関投資家がさらに新たな変革を迫る。