失敗の研究―巨大組織が崩れるとき

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

失敗の研究―巨大組織が崩れるとき

  • ウェブストアに96冊在庫がございます。(2016年09月26日 09時15分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320737
  • NDC分類 335.21

内容説明

「研究不正」を生んだ理研、全国制覇から転落した代ゼミ、不敗のビジネスモデルが機能不全に陥ったマクドナルド、オンリーワンを生かし切れなかったベネッセ―。なぜ、21世紀に入って巨大組織が不祥事を繰り広げているのか。巨大組織が陥る6つの病(肥満化、迷宮化、官僚化、ムラ化、独善化、恐竜化)。長年、経済事件を追い続けてきた記者が、20の失敗事例から組織崩壊のメカニズムを解明する。

目次

「大企業時代」の終焉
第1部 軋む巨体8つの失敗を解く(理研―「科学技術」という名のゼネコン;マクドナルド―3万店のハンバーガー工場;代ゼミ―生徒ゼロの大教室;ベネッセ巨大名簿会社の虚実;東洋ゴム―肥大化した「ムラ社会」;ロッテ―国家またぐ循環出資;三井不動産―マンションの膨張と傾斜;化血研―エイズと背徳の20年)
第2部 失敗の系譜巨体を蝕む6つの病(膨張期;巨大維持期)
大企業の未来

著者紹介

金田信一郎[カネダシンイチロウ]
日本経済新聞編集委員。1967年東京都生まれ。90年横浜国立大学経済学部卒業、日経BP社入社。『日経ビジネス』記者、ニューヨーク特派員、『日経ビジネス』副編集長を経て、2014年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

マクドナルド、代ゼミ、理研--。我が世の春を謳歌した巨大組織が陥った罠とは何か? 日経新聞の特ダネ記者が失敗の本質に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件