先輩が部下になったら―「定年65歳時代」のチームマネジメント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320584
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0034

内容説明

こんな“先輩部下”に困ってませんか?独断で仕事を進め、トラブルになると真っ先に責任逃れをする、指示を理解できずミスばかり。それをカバーする若手が爆発寸前、周囲がどんなに忙しくても常にマイペース、「管理職にならない自分に値打ちがある」と態度だけは大きい、何ごとにも非協力的で、上司の揚げ足をとる、上司であるあなたの過去の失敗などを、陰で部下にささやく、「定年65歳時代」の職場運営を上手に進めるたったひとつの「ポイント」をお教えします。

目次

プロローグ 当たり前だけど上司は部下から見たらリーダーだ(先輩部下が言うことをきいてくれない?;年功というメッキが剥がされていく! ほか)
1 先輩部下はなぜ上司の言うことをきかないのか(破壊力抜群の先輩部下たち;後輩上司は悩み続ける ほか)
2 最後は普通のおっさん理論の切れ味(年功リセットの考え方;「伝説の」も「カリスマ」も関係ない! ほか)
3 役割行動論でやってみよう(「年齢」ではなく「役割」だ;学歴で仕事はできないことも念頭に ほか)
4 先輩部下のいる職場を運営する(チームリーダーは職場チームをリードする人;職場というチームの意味を問いかけよう ほか)

著者等紹介

門脇竜一[カドワキリュウイチ]
人材開発コンサルタント、有限会社クリアマイン代表取締役、学校法人産業能率大学総合研究所兼任講師。1963年生まれ。関西大学経済学部卒業後、自動車メーカー・自動車販売会社・産業機械メーカー・外食チェーン本部・化学衛生メーカーと5つの会社を渡り歩き、システム開発から営業、販売促進、採用・教育、総務、労務、人事企画と多岐にわたる職種に従事する。2001年に独立。現在は、大手企業から個性あるオーナー企業、官民諸団体での教育研修・幹部育成まで、全国各地でコンサルティング、研修、講演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。