100年企業の改革 私と日立―私の履歴書

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

100年企業の改革 私と日立―私の履歴書

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月17日 20時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532320539
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0034

内容説明

どん底から最高益へ沈みかけた巨艦・日立を再生させた立役者が、経営改革の要諦と自身の半生を語る。

目次

序章 100年企業の改革
第1章 日立の経営改革
第2章 痛みを伴う改革の実践―私の経営論
第3章 受け継いだもの
第4章 私と日立
第5章 よい人生とは

著者等紹介

川村隆[カワムラタカシ]
日立製作所相談役。元取締役会長。1939年、北海道生まれ。62年東京大学工学部電気工学科を卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長を経て、99年副社長就任。2003年日立ソフトウェアエンジニリング会長、07年日立マクセル会長などを務めるが、日立製作所が7873億円の最終赤字を出した直後の09年、執行役会長兼社長に就任、同社再生を陣頭指揮する。黒字化の目途を立てた10年に社長を退任、14年には取締役会長を退任し、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

飯田健雄

20
この本は川村氏の集大成と思われるが、社長と副社長では、社内・社外の景色が、高さと3倍、視野で9倍という言葉に感銘を受けた。やっぱり、社長は、大変だ。2016/05/12

MATSUDA, Shougo

3
あの巨大組織を行くべき方向に動かした手腕の根底にある思想考えに触れられ、勉強となりました。2016/04/24

よしたけ

2
日立をV字回復に導いた川村氏自伝。経営計画・業績に照らしつつ、信念・実体験が綴られており、リアリティに溢れる。他方、社長論・人生論にも触れる等、重厚感あり。社長論では、理想のプロ社長としての①目的意識型、多くが陥りがちな②髪振乱し型、③超然型、④先延ばし型、等を例にあるべき論が語られており、道理を得た。また、同氏理念「スピード感を持ち、大胆な変革・改革が重要」につき、本書の締めにて、チンパンジーと人間の違いに触れ、人間は困難な環境に身を置くことで種としての衰退を免れている、という例示があり、説得力あり。2017/10/04

Atsushi Tsuchiya

2
川村元社長の素朴で真面目な人柄が手にとってわかる。ただそういう現実主義で合理的に物事を考える人こそ、今の不毛な世の中には必要であることがわかった。2016/08/12

モビエイト

2
崖っぷちの日立、川村さんが社長に。もしかすると定年していたかもしれなかったので、巡り合わせだと思いました。東芝は財界総理になる事に必死で、チャレンジを繰り返した結果、倒産寸前まで追い込まれるといった事態に。天は日立に味方をしましたね^_^2016/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10199169

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。